「厚木市子ども科学館」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Category:厚木市の施設を除去 (HotCat使用))
m
{{博物館
|名称 = 厚木市子ども科学館
|画像 = File:Atsugi city plaza 20161002.jpg
|画像説明 = 科学館が設置されている[[厚木シティプラザ]]の全景
|画像説明 =
|pushpin_map = Japan Kanagawa
|map_caption = 厚木市子ども科学館の位置
|lon_sec =59
|lon_dir = E
|正式名称 = 厚木市子ども科学館<ref>[http[s://www1.g-reiki.net/reiki/Li01_Make_Frame.exe 厚木市立子ども科学館条例]]</ref>
|愛称 =
|前身 =
|閉館 =
|所在地郵便番号 = 243-0018
|所在地 = {{JPN}}神奈川県厚木市中町1丁目1-3<br />厚木シティプラザ7階
|位置 =
|緯度度 = |緯度分 = |緯度秒 = |N(北緯)及びS(南緯) = <!-- N -->
|URL = [http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/ 神奈川工科大学厚木市子ども科学館]
}}
'''厚木市子ども科学館'''(あつぎしこどもかがくかん)は、[[神奈川県]][[厚木市]]の[[厚木シティプラザ]]内にある厚木市立の科学館である。
 
なお、厚木市にキャンパスを設置している[[神奈川工科大学]]が[[命名権]](ネーミングライツ)を取得しており、[[2009年]]7月より「'''神奈川工科大学厚木市子ども科学館'''」(かながわこうかだいがくあつぎしこどもかがくかん)の呼称を用いている<ref name="nikkei20090626">{{Cite news |title=
科学館命名権、神奈川工科大に決定、厚木市、年90万円で3年間。|newspaper= 日本経済新聞神奈川版|page=26|date= 2009-06-26}}</ref>。
 
== 沿革 ==
* [[1985年]][[2月1日]] - 「厚木市子ども科学館」として開館。館内のプラネタリウム施設の導入機材は、[[五藤光学研究所]]の「GX-AT」。
* [[2009年]][[7月18日]]
* [[2009年]]7月18日、[[神奈川工科大学]]が[[命名権|ネーミングライツ]]を取得し、館の名称を「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」と変更。館内のプラネタリウム施設を「コスモシアター」としてリニューアルオープン。導入機材は、有限会社大平技研の「[[メガスター]]-II-B」と、株式会社アストロアーツの「ステラドーム」。常設のプラネタリウムとしては国内最多の恒星を投影可能(ただし山梨県立科学館などにも納入されている)
** [[神奈川工科大学]]が[[命名権|ネーミングライツ]]を取得し、館の名称を「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」と変更<ref name="nikkei20090626" />。
** [[2009年]]7月18日、[[神奈川工科大学]]が[[命名権|ネーミングライツ]]を取得し、館の名称を「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」と変更。館内のプラネタリウム施設を「コスモシアター」としてリニューアルオープン。導入機材は、有限会社大平技研の「[[メガスター]]-II-B」と、株式会社アストロアーツの「ステラドーム」常設のプラネタリウムとしては国内最多の恒星を投影可能(ただし<ref>同機種については山梨県立科学館などにも納入されている)</ref>。
 
== 施設 ==
* 入館料:無料
* プラネタリウム観覧料:大人200円、子ども50円
* 開館時間:9:00~1700{{~}}17:00
* 休館日:月曜日、祝日の翌日、毎月の末日、年末年始(12月29日~1月3日)
 
== 交通 ==
* 最寄り駅は[[小田急電鉄]][[小田急小田原線]] [[本厚木駅]]から徒歩
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references/>
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/ 神奈川工科大学厚木市子ども科学館]
* [http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/ 厚木市]
* [http://www.kait.jp/ 神奈川工科大学]
 
11,147

回編集