「私的録音録画補償金制度」の版間の差分

 
=== デジタル放送専用レコーダーの私的録画補償金に対する訴訟 ===
[[2009年]](平成21年)9月に、私的録音録画補償金制度について、[[私的録画補償金管理協会]](以下SARVH)が「アナログチューナ非搭載DVD録画機器」が、著作権法に関する政令の対象かどうかを文化庁に照会したところ、文化庁著作権課長名で、「デジタル専用録画機も私的録音録画補償金制度の対象機器である」旨を回答した<ref name="itmadia-news">{{cite news | author = 岡田有花 | url = http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/30/news012.html | title = 「補償金は消費者の問題、訴訟の前に議論の場を」――MIAUと主婦連 | newspapaernewspaper = ITmedia | date = 2009-10-30 | accessdate = 2016-09-14 }}</ref>。
 
しかし、デジタル放送専用レコーダーは、[[ダビング10]]や[[コピー・ワンス]]機能により、[[DVDレコーダー]]「[[VARDIA]]」は、デジタル複製作成機能が制限され、無制限にデジタル複製が出来無いため、私的録音録画補償金制度による補償金の対象外であるとして、[[東芝]]が補償金の支払いを拒否した。このため、[[私的録画補償金管理協会]](以下SARVH)が、文化庁の見解に基づき、東芝に補償金と損害賠償の支払いを求めて、[[2009年]]([[平成]]21年)[[11月10日]]に提訴した<ref>{{Cite report |year=2010-7-30|author=一般社団法人私的録画補償金管理協会(SARVH)|title=平成21年度 事業報告書・決算報告書|url=http://www.sarvh.or.jp/dis/dis_pdf/r21_project.pdf|format=PDF|page=9|accessdate=2013-3-17}}</ref><ref>{{cite press release|title=私的録画補償金に関する当社の対応について|publisher=株式会社東芝|date=2009-11-10