「導出原理」の版間の差分

m
'''
m
m (''')
'''導出'''(どうしゅつ)とは、[[数理論理学]]における一つの[[演繹]]方法である。[[定理自動証明]]において一般的に使われる手法。
 
導出おいて二つの[[節]]より新しい節を導きだす演繹ルールを導出原理といい、一方の節に含まれる命題と、他方の節に含まれるその命題の否定をのぞき、その他の命題の[[論理和]]をとることで、新しい節を得ることをいう。式で表せば、命題<math>a_i</math>が命題<math>b_i</math>の否定である時、
5,193

回編集