「エジプト航空321便ハイジャック事件」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 事件の概要 ==
[[1976年]][[8月23日]]午前7時15分、[[カイロ]]を離陸した[[エジプト航空]]の[[国内線]][[ボーイング737]][[旅客機]](日本人28人を含む乗客乗員75人)は「アブデル・ナセル・グループ」を名乗る[[パレスチナ]]人2人とエジプト人1人に乗っ取られ、犯人は[[リビア]]の[[ベンガジ]]行きを要求したが、燃料が足りないと拒否され、カイロの南約500キロの[[ルクソール国際空港]]に着陸した。
 
ハイジャック機は空港内に9時間も留まり、機内の温度は40度にも達した。エジプト政府は強硬策による解決を模索し、機体外部に油漏れが見つかったと犯人に伝え、修理のため[[整備士]]を派遣したいと申し出たところ犯人は了承した。
== 参考文献 ==
*土井寛『世界の救出作戦』、朝日ソノラマ、1995年。
 
{{DEFAULTSORT:えしふとこうくうこくないせんはいしやつくしけん}}
[[Category:ハイジャック事件]]
[[Category:エジプトの事件]]
[[Category:1976年のエジプト]]
[[Category:1976年の航空事故]]
[[Category:ルクソール]]
[[Category:1976年8月]]
匿名利用者