「バットマン: ダークナイト・リターンズ」の版間の差分

主観的な記述を削除しました。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(主観的な記述を削除しました。)
『'''バットマン:ダークナイト・リターンズ'''』(Batman:The Dark Knight Returns)は、[[フランク・ミラー]]原作・作画による、4巻の[[アメリカン・コミックス]]である。[[1986年]]2月から6月にわたり、[[DCコミック]]から『[[バットマン]]』のミニシリーズとして出版され、後にグラフィックノベルとして一冊にまとめられた。2001年には続編の『[[バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン]]』が出版されている。
 
== 概要 ==
ヒーローの最後を描いたこの作品は現代的な視点、ヒーローの苦悩の描写、ハードボイルドなストーリーにより、それまで陽性の勧善懲悪ものに過ぎなかったアメコミを大人の観賞に耐えうるレベルにまで高め、大ヒットを記録。一般層にまでアピールし、現代アメコミの原点と称されている{{要出典|date=2016年10月}}
本作によって[[バットマン (架空の人物)|バットマン]]の、悪に対して容赦の無い冷酷なキャラが確立され、現在のバットマン人気も本作によるところが非常に大きい{{要出典|date=2016年10月}}
 
かの[[スティーヴン・キング]]は「これは、かつて出版されたコミックの中でたぶん最も良質な、傑作だろう」と評している{{要出典|date=2016年10月}}
さらに、[[アラン・ムーア]]の『[[ウォッチメン]]』、[[アート・スピーゲルマン]]の『[[マウス (オルタナティヴ・コミック)|マウス]]』が出版されたのもちょうどこの頃であったが、当時ミラーは29歳であった。
 
本作の影響を受けて1989年に[[ティム・バートン]]監督による『[[バットマン (映画)|バットマン]]』、2005年には[[クリストファー・ノーラン]]監督による『[[バットマン ビギンズ]]』が製作された{{要出典|date=2016年10月}}
かの[[スティーヴン・キング]]は「これは、かつて出版されたコミックの中でたぶん最も良質な、傑作だろう」と評している。
 
本作の影響を受けて1989年に[[ティム・バートン]]監督による『[[バットマン (映画)|バットマン]]』、2005年には[[クリストファー・ノーラン]]監督による『[[バットマン ビギンズ]]』が製作された。
 
日本では、[[1998年]]に[[小学館集英社プロダクション|小学館プロダクション]]より、[[柳下毅一郎]]による訳書『バットマン:ダークナイト・リターンズ』が刊行されるも一時絶版であったが、[[2009年]]に新訳版が同出版社より『バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』とセットで『DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト』として再版された。
== 登場人物 ==
; [[バットマン (架空の人物)|バットマン]](ブルース・ウェイン)
:55歳。10年前に引退していたする、内なる叫びに従って再びバットマンとして復する。壮健な肉体は健在だが、老齢による身体的影響と狂気にも似た精神の蝕みが繰り返し描写される。
; ジェームズ・ゴードン ''[[:en:James Gordon (comics)|James Gordon]]''
:70歳。警察本部長として、バットマンの協力者として長らく活躍してきたが、ついに引退の時を迎える。引退後も市民の一人として無秩序状態に陥った街を守ろうとする。妻はサラ・エッセン
; [[スーパーマン (架空の人物)|スーパーマン]](クラーク・ケント)
:55歳。政府の下で働く唯一のヒーロー。ただし非公認でマスコミにも緘口令が敷かれているが、半ば公然の秘密である。公の正義に活動するため他のヒーローとの対立は多いが、本来は地球や人類を愛し守ろうとする清廉潔白な人物
; [[ジョーカー (バットマン)|ジョーカー]]
:年齢不詳。アーカム・ホームに収容され治療中だった。廃人になっていたが、バットマン復帰を機に再び凶悪犯としての本性を取り戻復活。落ち着いた人物として描写され、他のコミックと比べ笑顔が少ないが、その最期は歯をむき出しにした狂気の笑いを見せた
; [[ロビン (バットマン)#番外編ロビン|ロビン]](キャリー・ケリー) ''[[:en:Robin (comics)|Robin]]''
:13歳。ロビンとしては、ディック、ジェイソンに続く三代目と推測される。コンピュータの知識が豊富。バットマンから助けられたのをきっかけに活動を開始。両親からの関心が薄いようで、ロビンとして夜な夜な家を出ていても気取られ事は無かった
 
; エレン・インデル
:35歳。ゴードンを模範してきたが、バットマンの件で意見が対立する。優秀な警官だが、その本部長就任には市長による若干の政治的思惑が絡んでいた。
; アルフレッド・ペニーワース ''[[:en:Alfred Pennyworth|Alfred Pennyworth]]''
:95歳。現在も変わらずブルースの優秀な執事として仕えている。
; ラナ・ラング ''[[:en:Lana_Lang|Lana_Lang]]''
:55歳。かつてのクラーク・ケントの親友。デイリー・プラネット社の編集長で、今もヒーローを支持している。
; [[キャットウーマン|セリーナ・カイル]]
:52歳。現在は更生して、高級コンパニオン派遣会社を経営している。ブルースへの想いは今も変わっていない。
; 大統領
:年齢不詳。現アメリカ合衆国大統領。復活したバットマンを危惧し、スーパーマンに彼を倒すよう命じる。劇中では本名は明らかにされないが、台詞から恐らく[[ロナルド・レーガン]]ではないかと思われる。
; [[グリーンアロー]](オリバー・クイーン) ''[[:en:Green Arrow|Green Arrow]]''
:63歳。バットマン引退後、はっきりとは明示されない何らかの事件によって左腕を失い、以来アメリカを離れていた。スーパーマンに何かしらの恨みを抱いており、ソ連の核攻撃をきっかけに帰国。バットマンに協力を申し出る。
; [[トゥーフェイス]](ハーヴェイ・デント)
:58歳。12年前シャム双生児誘拐を最後した際にバットマンにより逮捕され、以来る。顔と精神の両方において治療が進められてきた。全快が認められ退院となると同時にヴィラン犯罪者として活動し始める。顔は完全に元通りになったにも関わらず、包帯巻いて隠してい再開する。
; ミュータント団のボス
:年齢、本名不詳。手錠すら引きちぎる卓越した肉体と、戦車も恐れない度胸で部下達から信頼寄せられる持つ巨漢。バットマンを圧倒する新時代のヴィラン
 
== 関連項目 ==
* [[キングダム・カム (コミック)|キングダム・カム]]
* [[バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生]]
 
== 外部リンク ==