「香川県道180号鴨川停車場五色台線」の版間の差分

編集の要約なし
'''香川県道180号 鴨川停車場五色台線'''(かがわけんどう180ごう かもがわていしゃじょうごしきだいせん)は、[[香川県]][[坂出市]]から[[高松市]]に至る[[都道府県道|一般県道]]である。
 
[[四国旅客鉄道|JR四国]][[予讃線]]([[瀬戸大橋線]]区間内)[[鴨川駅]]前を始点として北東方面に進行し、地域の山岳群である[[五色台]]の麓を北へ回った後、それら山岳群における最西端の山となる峰山の西麓部から、同山を登坂し、そこから連なる各山の稜線を[[四国八十八箇所]]巡礼地である[[白峰寺|81番 白峰寺]]と[[根寺|82番 根寺]]を経由して繋ぎ、青峰山の東麓部を[[さぬき浜街道]]方面へと降坂したのちに[[香川県営野球場]]へと至る路線である。
 
そのため、白峰寺から根来寺までの区間は両寺を繋ぐ同巡礼における[[遍路道]]としての性質を持っており、この区間では徒歩巡礼の[[お遍路]]の姿が多く見られる。ただし、その一方で幅員は狭く、それにもかかわらず遍路巡礼のための[[観光バス]]が頻繁に往来する。前述のお遍路の存在もあり県内においては通行に最大の注意を要する区間のひとつとされる。現在、白峰側からの幅員拡張工事が進められている。
匿名利用者