「厳正拘束名簿式」の版間の差分

編集の要約なし
({{出典の明記}}が貼られていることにより当記事が分類されている「Category:出典を必要とする記事/2015年12月」の整理。タグが貼られた日時は履歴で再確認)
一方、この特定の政党の当落線上の候補は、この政党名簿固有の合計得票数により議席の獲得が左右される位置におかれている。当落線はその政党が獲得すると予測される議席数によって定義され、政党の名簿の作り方に関わってくる。
 
日本では[[1983年]]から[[1998年]]までの[[参議院議員通常選挙]]で[[参議院比例区]]として採用された。
 
== 批判 ==
17,180

回編集