「高木正成」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[小田原城]]守衛や御書院番頭などを努めたことから上総国内に3000石を加増され、後に[[大番頭]]にもなった。1635年3月11日、49歳で死去し、後を子の正弘が継いだ。
 
[[Category:高木氏|まさなり]]
[[Category:戦国武将|たかきまさなり]]
[[Category:江戸の大名|たかきまさなり]]
[[Category:譜代大名|たかきまさなり]]
匿名利用者