「スポーツ仲裁裁判所」の版間の差分

1994年にIOCから独立、スポーツ仲裁裁判所を運営するスポーツ仲裁国際理事会 (ICAS: The International Council of Arbittration for Sport) が設立された。
 
本部は[[スイス]]の[[ローザンヌ]]にあり、仲裁人は世界85カ国、250人強のスポーツ知識のある法律専門家で構成される。日本から2016年現在関係者会長、原秋彦弁護士、[[小寺彰]]東京大学教授、[[沢田寿夫]]上智大学名誉教授(ICC国際仲裁裁判所副所長)、[[横山潤ジョン・ダウリング・コーツ]]一橋大教授らである
 
日本からの関係者は、原秋彦弁護士、[[小寺彰]]東京大学教授、[[沢田寿夫]]上智大学名誉教授(ICC国際仲裁裁判所副所長)、[[横山潤]]一橋大教授らである。
 
CASでは、[[ドーピング]]を巡る裁定、競技結果の判定、出場資格の認定、等を仲裁する。