メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==<!--特定のタレントが出た時のエピソードは削除されています。詳しくは「ノート:ひょうきん懺悔室」参照-->
[[イエス・キリスト]]のように[[十字架]]に張りつけにされた格好で[[ブッチー武者]]扮する神様<ref>[[TVオバケてれもんじゃ]]第1話サブタイトルでは'''ザンゲの神様'''と表記された。</ref>が安置された懺悔室で、[[横澤彪]]が黒衣の[[神父]]に扮し(横澤の降板後は2代目プロデューサーとなった[[三宅恵介]]が赤い衣装で立っていた)、出演者やスタッフなどが自分のNGを懺悔する。
# 神父が'''『罪深き、迷える子羊よ、入りなさい』'''とNGをした出演者を呼ぶ<br>
# 神父が'''『心ゆくまで懺悔をなさい』'''と懺悔を促す<br>
# 神様が'''裁定'''<ref>本当のマルバツの判定は事前に決まっており、マルとバツを間違えた神様が後で懺悔させられたこともあった。</ref>する。反省が足りないと神様が絶叫しつつ両手を交差させるように'''「バツ」'''のジェスチャーをして大量の[[水]]を浴びせられ、逆に反省が認められれば神様が微笑みながら頭の上で両手で'''「マル」'''のジェスチャーをし、天井から[[紙吹雪]]が降る。
 
「バツ」の水は[[バケツ]]一杯が通例であるが、<br>
* 抗議するなど反省していないと見なされ二杯、三杯とかけられる<br>
* 「マル」を出したにもかかわらず、余計な一言を言ったため「バツ」になり水をかけられる<br>
その一方で、ADではなく被害者となった出演者が加害者となった出演者に水をかけた後、とどめに加害者となった出演者めがけて空になったバケツを落として報復するパターンもあった。
 
一回の放送につき三人ほどの懺悔の模様が放送されたが、実際には、たとえゲストであろうと番組でNGを出した者全員が懺悔室の対象であり、放送時間の関係で面白いものだけが放送されたと後に明された。「'''懺悔! 懺悔!'''」は当時流行語になり、後述通りパロディも多数登場した。ADが悪ノリして多くの水をかけるのはほとんどが男性出演者に対してがほとんどであり、概して女性出演者には甘かったが、例外的に[[山田邦子]]や[[山村美智子]]に対しては容赦なく大量の水をかけていた。なお神様の裁定時の判定における手の動きだが、「マル」のときはスローだったのに対し、「バツ」のときは逆に素早い動作だった。
 
懺悔室に送り込まれる対象は拡大して行き、レギュラーが出演した全番組、プライベート、営業(後述の出張懺悔室)、当時のフジテレビ系番組出演者全員、[[フジネットワーク]]局員<ref>スケジュールの都合で懺悔だけして帰る弾丸出張の社員もいたようである。</ref>、果てはフジテレビ乗り付けの[[タクシー]]運転手、間違えて[[テレビ朝日]]にスタッフ用の[[弁当]]を届けた仕出し店の配達員、収録中の客にまで広がり、当時フジテレビアナウンサーだった[[逸見政孝]]や編成局長であった[[日枝久]](現・会長)が送り込まれた回もあった。もちろん神父<ref>上司の懺悔でマルを指示しようとした所をたけしに見つかりキレられた。</ref>や神様も、NGを出せば容赦なく懺悔室の対象となった。
 
時にはNGを誰一人も出さなかった、NGでも面白かったからOKにしたためNG無しという回もあり、その際は「今日は懺悔の無い良い一日でした」と言うナレーションの後、マルの際と同様に紙吹雪が降って、エンディングの流れとなった。一方、懺悔の神様に大量の水を掛けるパターンもあった。
8,184

回編集