「デザエモン」の版間の差分

機種は、[[スーパーファミコン]]。[[2016年]][[1月12日]]に、[[プロジェクトEGG]]でも配信された。
 
ステージ数6個の縦シューティングが製作可能<ref name="natsukashi">[http://qbq.jp/ 株式会社QBQ]編 『[http://diapress.jp/archives/7402.html 懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド]』 [http://www.magazinebox.co.jp/ マガジンボックス](M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p86</ref>。[[スーパーファミコンマウス]]対応。キャラクターのカテゴリ毎に29791色中15色(+透明色)が使用可能。キャラクターのサイズや種類など、前作から格段に性能が上がっている。音楽は楽器アイコンを譜面に並べることによって、16小節分の曲が作曲できる。最小クォンタイズは1/16で、また三連音符などの長さには設定できない。ビートは4/4固定。最大発音数は2音までだが、音色を途中で変更することが自由で、別個にリズムや伴奏を鳴らすことも可能。
 
フォントは原則固定だが、裏技によって起動時に使用フォントを数種類の中から選べる。
 
この他、オリジナルの曲が数曲、デザエモンのセーブデータにエラーが発生した時の警告曲、その他クラシック曲や民謡などのアレンジ曲(モルダウ、白鳥の湖、さくらさくら、わらの中の七面鳥 など)が収録されている。またこれらの曲は以下のデザエモン+にも入っており、同様のコマンドで使うことが可能である。
 
スーパーファミコン版のパッケージの裏に書いてあったキャッチコピーは「君だけのオリジナルゲームが作れる、遊べる、プロ仕様のゲームデザインソフト登場!!」である<ref name="natsukashi"/>。
 
===デザエモン+===
15,183

回編集