メインメニューを開く

差分

m
大学卒業後は[[河合楽器硬式野球部|河合楽器]]に入社。[[1979年]]には[[ヤマハ硬式野球部|日本楽器]]の補強選手として[[第50回都市対抗野球大会|都市対抗]]に出場し、チームの準決勝進出に貢献<ref name=tositaikou>「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年</ref>。[[1980年]]には日本で開催された[[IBAFワールドカップ|第26回アマチュア野球世界選手権]]の日本代表に選出され、銅メダル獲得に貢献している。同年の[[第51回都市対抗野球大会|都市対抗]]にも河合楽器の一番打者として連続出場を果たす<ref name=tositaikou />。チームメートに同じ中大出身の[[小川淳司]]、[[熊野輝光]]がいた。[[1981年]]ドラフト2位で[[埼玉西武ライオンズ|西武ライオンズ]]に入団。
 
即戦力として期待され、[[1982年]]には[[右翼手]]、[[中堅手]]として57試合に先発出場。同年の[[1982年の日本シリーズ|日本シリーズ]]では全試合に出場、15打数6安打1打点を記録する。しかし層の厚い西武外野陣ではなかなかレギュラーには定着できなかった。[[1985年]]には[[西岡良洋]]と[[中堅手]]の定位置を争い、67試合に先発出場。[[5月22日]]には[[サイクル安打]]を達成した。同年の[[1982年の日本シリーズ|日本シリーズ]]でも全試合に出場するがし、19打数4安打2打点とあまり活躍ながら、第3戦は決勝の三塁打、シリーズ初本塁打を放つかっど印象的な活躍をした。その後出場機会が漸減、[[1988年]]限りで現役引退。
 
本来はチャンスメーカーであるが、打撃面の弱さもあって下位打線に回らざるを得ず、必ずしも真価を発揮できたとは言えない。外野守備のスペシャリストとして試合終盤に登場することが多かったが、西武黄金時代づくりに貢献した。
1,279

回編集