「望月玉仙」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
*[[望月玉蟾]](1692 - 1755) - 望月派初代。号に玉蟾、玉仙、玉庵、静庵など。
*望月玉仙(1744 - 1795) - 初代の子、望月派2代。号に玉仙、玉蟾、誠斎など。初代と区別して「誠斎玉蟾」とも。名は重祐<ref>{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E7%8E%89%E4%BB%99-1115250|work=デジタル版 日本人名大辞典+Plus([[コトバンク]]所収)|title=望月玉仙|accessdate=2016-10-26}}</ref>。[[望月玉川]]の父。
 
== 脚注 ==