「潮汁」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[Image:Chirashizushi and suimono by sakura chihaya on Hina matsuri.jpg|thumb|200px|ひな祭りの料理[[ちらし寿司]](左)と蛤の[[吸い物]](潮汁)(右)]]
'''潮汁'''(うしおじる)は、魚介類の[[出汁|だし]]を[[塩]]で味付けた[[汁物]]の一つである<ref name=kojien>[[広辞苑]]第5版</ref>
 
魚介類を[[煮る|煮]]て[[出汁|だし]]をとり、同時にその魚介類を実とし、[[調味料]]は[[塩]]だけあるいは[[日本酒]]を少し足す場合が多い<ref name=shiki_haru>『四季日本の料理 春』講談社 ISBN 4-06-267451-3</ref>。
 
漁師料理がルーツともされ、'''潮煮'''、'''うしお(潮)'''と記される事もある。[[吸物]]にする場合は'''潮仕立て'''(うしおじたて)とも呼ばれる<ref name=shiki_haru>『四季日本の料理 春』講談社 ISBN 4-06-267451-3</ref>吸物と汁物との違いは、[[酒]]の[[肴]]に飲食するのが吸物で、[[飯]]にあわせて飲食するのが汁物である<ref name=shiki_haru>『四季日本の料理 春』講談社 ISBN 4-06-267451-3</ref>が、混同される場合もある。
 
基本的に臭いやクセの無い白身魚が使用されることが多く、香辛料は使用せず[[吸口]]に[[木の芽]]を浮かべる程度である。
匿名利用者