「小人症」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (~)
| Name = Dwarfism
| Image = Lavinia Warren - Brady-Handy.jpg
| Caption =
| DiseasesDB = 80
| ICD10 = {{ICD10|E|23|0|e|20}}, {{ICD10|E|34|2|e|20}}, {{ICD10|E|45|0|e|40}}, {{ICD10|Q|77|4|q|65}}
 
== 胎内発育不全性低身長 ==
在胎週数別の出生時身長、出生時体重が標準値のどちらかが-2SD以下である場合において、2~32〜3歳時の身長が-2SD以下である場合に診断される。成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、骨系統疾患など既知の成長障害をきたす疾患でないことを確認する必要がある。また、胎内発育不全によって生まれた児は、3歳までに他の児に成長が追いつくことが多い。成長が十分追いつかなかった例では、思春期が低身長の状態でくるなどの理由により、成人身長が非常に低くなるとされる。現在SGA性低身長症と呼ばれ、成長ホルモン治療が認められているが、日本では、公費助成(小児慢性特定疾患)の対象外である。
 
== 成長ホルモン分泌不全性低身長症 ==
19,288

回編集