「酸と塩基」の版間の差分

(→‎アレニウスの定義: 分かりにくいので、化学式を追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
歴史的には酸の水溶液が示す物性を'''酸性'''、灰汁などの水溶液が示す物性を'''アルカリ性'''と呼んだ(「アルカリ」は[[灰]]を意味する[[アラビア語]]に由来する)。
 
酸性物質とアルカリ性物質とを混合すると、双方の互いに性質を打ち消しあうことが知られており、これは'''中和反応'''と呼ばれる。
 
'''塩'''(えん)が中和反応の生成物であることが判明してくると、「'''酸と中和反応をしてにより塩を生成するような物質群'''」という物質グループの概念が生まれ、そのグループ対して'''塩基'''という呼称が与えられた。これちなみ関連して、塩を形成せずイオン化していない状態の'''酸'''を強調する目的で場合に'''遊離酸'''と呼ばれることがある。
 
酸と塩基の間の反応を広く'''酸塩基反応'''と呼ぶ。無論、'''したがって「中和反応'''も」は酸塩基反応に内包さの一形態であり、その語が用いらるのは、マクロなレベルで酸成分と塩基成分を混合する操作に対して使用されを説明する場合が多い。
 
なお、上述したがって、ように'''アルカリ性'''ないし'''アルカリ性'''と同様に水溶液の物性の呼称として用いるのが原義である。これに対し塩基'''塩基性'''といった場合は、狭義には「'''酸との相互作用'''」といったする性質の意味であるが、日常。ただし物性の呼称は'''あるにもかかわらず、(アルカリ性''''''呼ばず)塩基性'''は混用の表現される場面が多いこともしばしばである
 
== 定義 ==
528

回編集