「玉虫色」の版間の差分

文章上の表現を追加
(文章上の表現を追加)
'''玉虫色'''(たまむしいろ)とは、光の干渉によって起こる金緑から金紫の色調変化をする染色や[[織色]]をさす。
 
また特定の色彩名を当見る角度によっられる色合に見えることから、見方によってちらつかず状態ようにも解釈できるあいまいな(都合良い)表現を慣用句的にして、「玉虫色の〜」と呼ぶことがあるいう<ref>新明解国語辞典、第4版第10刷、p.793、1992年3月20日、三省堂</ref>
 
[[画像:Chrysochroa fulgidissima by OpenCage.jpg|200px|thumb|ヤマトタマムシ]]
 
[[法隆寺]]所蔵の[[玉虫厨子]]のように、タマムシ科の[[甲虫]]の羽は堅牢で色彩(干渉色)が美しいので、古くから調度品の装飾に使われていたがその翅の色は先述したとおり簡単に再現できるものではなかった。それでも、緑と紫の絹糸をそれぞれ縦糸と横糸に使って見る角度によって違う色が浮かび上がるような工夫で再現に挑んだ記録もある(備考も参照)。
 
== 文章表現上の使い方 ==
見方や解釈によってどのようにもとれることを表現して、「玉虫色の答申案」、「玉虫色の決着」などという。主として政治や外交に関する新聞用語として使われることが多い。
 
== 備考 ==
2,553

回編集