「ロクリスのティマイオス」の版間の差分

編集の要約なし
m (入替え)
編集の要約なし
プラトンの『ティマイオス』、『クリティアス』によると、ティマイオスは[[アテナイ]]のパンアテナイア祭(7月頃)の最中に、[[シラクサ|シュラクサイ]]の政治家[[ヘルモクラテス]]、アテナイの[[哲学者]][[ソクラテス]]らと共に、アテナイの名門の出の[[クリティアス (プラトンの曾祖父)|クリティアス]]の客人として招待されている。
 
ティマイオスはゼピュリオンのロクリスの重要な地位の人物で、財産・家柄ともに優れ、数学・天文学を初めとする自然科学にも精通していると[[ソクラテス]]によって讃えられている。また『ティマイオス』の作中で、[[ピタゴラス学派]]的な宇宙論を展開しており、作品の題名になるほど主要な役割を果たしている。
 
== ゼピュロスのロクリスとペロポンネソス戦争 ==
* [[マルクス・トゥッリウス・キケロ]]の『最高善と最大悪について』(''De finibus bonorum et malorum'')と『国家』(''De re publica'')によると、ロクリスのティマイオスはプラトンの数学の師匠であったという(Cic.de Fin.v.29; de Re Publ.i.10)。またキケロはプラトンの『ティマイオス』をラテン語へ訳しているが、断片が残るのみである。
 
* スイダス(Suidas, 10世紀)によると、ティマイオスは[[ピタゴラス]]の伝記を書いたとされる。
 
{{ソクラテス以前の哲学者}}