メインメニューを開く

差分

 
== 歴史 ==
現在の中川の流路は、その上流部は[[明治時代]]以前の庄内古川([[幸手市]]高須賀より上流は島川)と、下流部は[[古利根川]](<!--[[江戸時代]]初期の-->[[利根川東遷事業]]以前の[[利根川]]本流で[[東京湾]]へ注ぐ河口部は現在の[[旧中川]])とを、[[松伏町]]大川戸から[[松伏町]]下赤岩まで[[大正時代|大正]]・[[昭和時代]]に開削された河道で接続して造られた。それ以前は古利根川が亀有付近で分流した道のうち、江戸川区西葛西付近の河口へ向かう河道を中川と呼んだ。
 
この水系整備により、庄内古川・島川より東京湾河口までが中川として扱われ、合わせて古利根川、元荒川、綾瀬川なども中川水系とされた。
 
なお庄内古川は、江戸時代以前の[[渡良瀬川]]の[[権現堂川]]より下流の流路を流れた。[[渡良瀬川]]の下流は古くは[[太日川]]と呼ばれた。太日川は江戸時代に整備され現在の[[野田市]]関宿・[[幸手市]]西関宿から南流する[[江戸川]]となり、庄内古川とは[[吉川市]]付近で合流した。
 
中川の河口部は現在の[[旧中川]]を流れて東京湾へ注いでいたが、[[荒川放水路]]の開削に伴い河道は分断され、現在の旧中川が切り離された。
 
== 環境 ==
6,908

回編集