「側室」の版間の差分

WP:NOR 独自研究の除去。
(WP:NOR 独自研究の除去。)
== 男系男子の維持 ==
[[儒教]]において、直系の[[男子]]が先祖の[[祭祀]]を守ることが重視された。また、婚姻制度にも、子孫繁栄、男系相続者の存在が重要視される。[[古代]][[中国]]では正室が生んだ長男子を「伯」といったが、側室の生んだ男子のほうが年長である場合その長男子を「孟」といった。
 
[[封建制|封建時代]]においては、正室を迎える前にそれ以外の女性と性的関係を持つ事が普通に存在した。たとえば、[[江戸時代]]、[[徳川将軍家]]では正室を迎える前に[[童貞]]を捨てさせる慣わしが存在した。側室を置く事が公然と認められていたのは、「一人前の男子は既に[[性行為|性交]]を済ませているもの」という概念や、正室の存在が[[政略結婚]]のようなものであることも関係したと思われる。
 
一夫一妻制の下では、女性一人が生涯に出産できる子供の数は限られる。また、妻の健康状態、[[不妊]]、夫婦の不仲問題から、子ができないこともある。そのため、男系男子の子孫が安定的に確保できるとは限らない。その問題を防ぐため、かつては側室を持つことにより、男系男子の子孫を絶やさないことが重視された。