「十円硬貨」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
[[ファイル:10yen-S25.jpg|thumb|right|240px|10円洋銀貨幣]]
{{See also|臨時補助貨幣#昭和24年 - 26年制定の円単位臨時補助貨幣}}
1950年には俗に十円洋銀貨と呼ばれる[[ニッケル]]合金である[[洋白]]製十円硬貨が制定され<ref name="19500302seirei">1950年(昭和25年)3月2日政令第26号「十円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令」</ref>、1950-1951にかけて製造された。しかし[[朝鮮戦争]]によりニッケル価格がトン当たり約410万円まで高騰したため<ref name=zoheikyoku100>『造幣局百年史(資料編)』 大蔵省造幣局、1974年</ref>、1951年5月31日には「ニッケル等使用制限規則」(通商産業省令35)が制定され、大蔵省はニッケルを民需に廻すのが望ましいとの要請を受け、退蔵防止のため製造数をある程度確保するまで造幣局に保管されていた硬貨は結局発行されなかった<ref name=bonanza>青山礼志 『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』 ボナンザ、1982年</ref>。その後、材質・デザインともに変更されて製造・発行されたのが、本項の(ギザ有)十円銅貨幣である<ref>1951年(昭和26年)12月7日政令第372号「十円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令の一部を改正する政令」</ref>。デザインについては、当時予定されていた50円銀貨(制定無し・未製造)の平等院鳳凰堂のデザインを流用した<ref name=bonanza />。
十円洋銀貨は、現行の[[五円硬貨]]や現行の[[五十円硬貨]]と同じく中央に穴が空けられている<ref name="19500302seirei"/>。かつてこの硬貨の所有者が、[[テレビ東京]]のバラエティ番組『[[開運!なんでも鑑定団]]』に「穴の空いた謎の十円玉」として鑑定を依頼したことがある{{いつ|date=2014年9月}}。その際、鑑定士の評価により最低でも25万円以上の価値<ref>通貨的価値ではなく希少的価値。ただし、この所有者の物に限っての鑑定額である。</ref><ref>当然として状態などによって評価額は変動する。2012年度の貨幣カタログによると16万円とされているし、他の年度や状態によっては30万円以上の価格が付けられることもある。</ref>があることが証明されている。発行されることなく製造が中止された不発行貨のため、資料用として残された分以外は全て溶解処分された。資料用に残された物は当時の[[大蔵省]]や[[造幣局 (日本)|造幣局]]の関係者(それらに縁のある人物含む)、熱心な収集家など、ごく一部の者しか所有していない。
 
== 変遷 ==
匿名利用者