「バガ」の版間の差分

宮城県でいうばがの説明を追記
m (+{{Rigveda}}{{マハーバーラタ}}、+{{出典の明記}}、脚注節と参考文献節を設置し+{{節スタブ}}、ほか微修正)
(宮城県でいうばがの説明を追記)
 
『[[マハーバーラタ]]』によると[[ダクシャ]]仙の祭祀の場で、怒りに狂う[[シヴァ]]神によって盲目にされたが、これにはまた別な伝承もある。『[[リグ・ヴェーダ]]』ではわずか1篇7詩節に留まる (7・41・1-7) が、バガの起源は[[インド]]・[[イラン]]共同時代にさかのぼり、[[ザラスシュトラ|ゾロアスター]]による[[宗教改革]]では[[アシ (ゾロアスター教)|アシ]]として昇華されている。もっとも『[[アヴェスター]]』におけるバガは単に神の意に過ぎず、古代[[スラヴ語派|スラブ語]]のボグも同様である。[[ローマ神話]]の神[[テルミヌス]]に相当する。
 
日本の宮城県ではものもらいの事をばがと呼ぶ。
 
== 脚注 ==
匿名利用者