「ティベリウス・センプロニウス・ロングス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''ティベリウス・センプロニウス・ロングス'''('''{{lang-la|Tiberius Sempronius Longus}}''', [[紀元前260年]] - [[紀元前210年]])は、[[共和政ローマ]]の[[第二次ポエニ戦争]]期の政治家・軍人。[[紀元前218年]]に[[プブリウス・コルネリウス・スキピオ]]とともに執政官([[コンスル]])を務め、[[ハンニバル]]の進攻を阻止しようとした。
 
[[紀元前218年]]にコンスルに任命されたセンプロニウスはアフリカに赴き、同僚のスキピオはハンニバルの行動を牽制するために[[ヒスパニア]]に赴き、向くように命じられた。センプロニウスは[[シチリア島]]のリリュバエウム(現:[[マルサーラ]])より出立、[[マルタ島]]を攻略する。しかしながらその直後に同僚コンスルのスキピオが[[ティキヌスの戦い]]でハンニバルに敗北、自身も負傷し、元老院はセンプロニウスを援軍として送る。到着後、センプロニウスはスキピオと対立し、ハンニバルに対して果敢に攻めるが、[[トレビアの戦い]]で敗北する。センプロニウスと彼の配下の10,000人はハンニバルの弟[[マゴ]]率いるカルタゴ軍の包囲を受けながらもカルタゴ軍の後陣を突破、からくも脱出する。
 
紀元前217年1月にはセンプロニウスはコンスルの選挙を見届けるためにローマに帰還、コンスル職を[[ガイウス・フラミニウス]]に委譲し、すぐにローマ軍の冬営地に戻った。[[紀元前215年]]には[[ハンノ]]の率いるカルタゴ軍と交戦、南イタリアのカルタゴ勢力を[[ブルッティウム地方|カラブリア州]]へ追い出し、ルカニアの都市を再びローマの配下にするきっかけを作った。