「単相交流」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:AC wave.gif|thumb|単相交流の波形]]
'''単相交流'''(たんそうこうりゅう)は、2本の電線を用いて交流電流を伝送する方法である<ref name="pocket-book">[[電気学会]]編 『電気工学ポケットブック』 第11編 送電 2.2.2 - 2.2.5、[[オーム社]]、1959年</ref>。[[三相交流]]に対して電力の伝達効率は低いため、送配電用の方法としては用いられず、主に低圧配電系統(低圧電灯線)に用いられる<ref name="souhaiden">電気学会 『送配電工学』 第4章 配電、オーム社、1980年</ref>。