メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
[[日蓮正宗]]の僧侶は似たようなもので「事務衣」(じむころも)も所持している。事務衣は法要や勤行の時以外に着用する。袈裟を通す紐が付けられており、指導会や会議等では事務衣に小袈裟を着用する。色は通常、ねずみ色である。
 
神社の[[神職]]も作務衣を用いるが、その多くは白色である。その名称は「作業衣」または「白作務衣」などと言う。また作業袴もある<ref>『井筒笥』浅田茂樹平成26年7月1日発行杉浦一蛙堂印刷全224頁95頁
</ref>。
 
身体を締め付けず着用しやすいため、現在では僧侶固有のものとしてではなく[[甚平]]と共に単なる[[部屋着]]の一種として扱われることも多く、熱心な愛好者もいる。一般用には上衣の上に羽織る[[ちゃんちゃんこ]]が付属したり、素材も[[刺子]]や[[キルト|キルト地]]など、僧侶用とは大きく異なる製品もある。
1,030

回編集