「ミスター・タンブリン・マン」の版間の差分

m
m
1964年[[6月9日]]、アルバム『[[アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン]]』(1964年)のレコーディング・セッション時にジャック・エリオットとデュエットで歌い録音されていたが、アルバムには収録されなかった。この時の演奏は、後に『[[ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック|ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック]]』([[2005年]])に収録された。
 
リリース前よりコンサートでは演奏されており、1964年[[10月31日]][[ニューヨーク]]、フィルハーモニック・ホールでの演奏が『[[アット・フィルハーモニック・ホール|アット・フィルハーモニック・ホール(ブートレッグ・シリーズ第6集)]]』([[2004年]])に収録されている。
 
[[1965年]][[1月15日]]、アルバム『[[ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム]]』のレコーディング・セッションにて、弾き語りスタイルのソロに、ブルース・ラングホーンのエレキ・ギターが加えられた形の最終バージョンが録音され、アルバムに収録された。
85

回編集