「ジョージ・パットン」の版間の差分

→‎生涯: 内部リンクの付け替えと微修正
m
(→‎生涯: 内部リンクの付け替えと微修正)
[[第一次世界大戦]]にアメリカが参戦するにあたり、[[ジョン・パーシング|パーシング]]将軍はパットンを[[大尉]]に昇進させた。[[フランス]]においてパーシング将軍は、パットンに新しく編制されたアメリカ戦車部隊の戦闘指揮を取らせた。
 
ミューズ・アルゴンヌ方面での作戦において負傷し、戦時昇進により[[大佐]]にまで昇進した。ちなみにパットンは第一次世界大戦に参加した将兵では珍しく、[[塹壕]]戦と言うものを全く無意味だと信じており次の戦争は塹壕を掘ったり陣地を守ったりで勝敗が決まることは無く、機動力で決するであろうと信じていた。
 
=== 戦間期 ===
 
=== 第二次世界大戦 ===
アメリカ陸軍が[[第二次世界大戦]]に参戦するにあたり、パットンは[[カリフォルニア州]][[インディオ (カリフォルニア州)|インディオ]] ([[w:Indio, California|Indio]]) に砂漠戦訓練センターを設立した。[[1941年]]の[[ルイジアナ演習|ルイジアナ]]における演習]]においては、2個軍を指揮している。
 
==== 北アフリカ戦役 ====