「広川太一郎」の版間の差分

編集の要約なし
'''広川 太一郎'''('''ひろかわ たいちろう'''、本名:広川 諶次郎(しんじろう)、[[1940年]][[2月15日]] - )は、[[東京都]]出身の男性[[声優]]。フリー。<!--文京高校-->
 
[[日本大学]]芸術学部演劇学科卒。大学卒業後は劇団やプロダクションには一切属さず、フリーで活動。<br>
[[日本大学]]芸術学部演劇学科卒。大学卒業後は劇団やプロダクションには一切属さず、フリーで活動。外画の日本語版製作会社「[[東北新社]]」のディレクターだった演劇学科の先輩から声をかけられたことがきっかけとなり、[[1960年代]]より洋画や海外ドラマの[[吹き替え]]を行った。ファンの間では、コメディー作品における台本にないセリフを吹き替えに収めて作品の魅力を引き出す超絶的な演技と、「ようっとな」「いいんでないかい」「なんともはや」など、ファンの間で「広川太一郎調」と呼ばれている独特の語り口で知られる。洋画では[[ロジャー・ムーア]]、[[トニー・カーティス]]を持ち役とする。アニメでは『[[宇宙戦艦ヤマト]]』シリーズの古代守役や、広川自身が『[[モンティ・パイソン]]』と並んで納得できた仕事と自負する『[[ムーミン]]』のスノーク役などがある。かつてはテレビ番組の司会をしたり、自腹を出してラジオ番組のDJをやるなどのタレント活動も行なっていたが、[[1990年代]]後半からはナレーターが仕事の中心である。
外画の日本語版製作会社「[[東北新社]]」のディレクターだった演劇学科の先輩から声をかけられたことがきっかけとなり、[[1960年代]]より洋画や海外ドラマの[[吹き替え]]を行った。<br>
ファンの間では、コメディー作品における台本にないセリフを吹き替えに収めて作品の魅力を引き出す超絶的な演技と、「ようっとな」「いいんでないかい」「なんともはや」など、ファンの間で「広川太一郎調」と呼ばれている独特の語り口で知られる。<br>
洋画では[[ロジャー・ムーア]]、[[トニー・カーティス]]を持ち役とする。アニメでは『[[宇宙戦艦ヤマト]]』シリーズの古代守役や、広川自身が『[[モンティ・パイソン]]』と並んで納得できた仕事と自負する『[[ムーミン]]』のスノーク役などがある。<br>
かつてはテレビ番組の司会をしたり、自腹を出してラジオ番組のDJをやるなどのタレント活動も行なっていたが、[[1990年代]]後半からはナレーターが仕事の中心である。
 
しばしばアドリブと誤解される吹き替えでの広川独特のフレーズは、最初からシナリオ通りだったと[[TBSラジオ]]にて発言。事前にもらった台本に、広川自身が考えた駄洒落やフレーズをびっしりと書き込むのだという。当時はまだ「アドリブ」と言うものが快く受け入られなかったからであるらしい。[[香港映画]]のコメディー『[[Mr.BOO!]]』シリーズが[[フジテレビ]]で放送されるときは、「もたもたして古臭い。吹替で面白くしないと」とディレクターと相談してオリジナルにない台詞を連発、オリジナルより面白くなったと評判となった。<br>
[[香港映画]]のコメディー『[[Mr.BOO!]]』シリーズが[[フジテレビ]]で放送されるときは、「もたもたして古臭い。吹替で面白くしないと」とディレクターと相談してオリジナルにない台詞を連発、オリジナルより面白くなったと評判となった。
 
==主な出演作品==
匿名利用者