「人生狂騒曲」の版間の差分

編集の要約なし
『'''人生狂騒曲'''』('''じんせいきょうそうきょく'''、'''Monty Python's The Meaning Of Life''')は、[[1983年]]に公開された[[モンティ・パイソン]]の4作目にして最後の[[映画]]。日本語版のDVDも出ている。邦題は『'''モンティ・パイソン 人生狂騒曲'''』とも。<br>
*:人生、つまり誕生から死までをテーマにした、スケッチの数々で構成されている。<br>
*:前作に続き、権威に対して中指を立てる姿勢はメンバーが40歳を過ぎても変わらないが、エログロネタやブラックさはより充実し、過激な作品に仕上がっている。実験的な演出も多い。<br>
*:映画の狂言廻しは、パイソンズの顔をした水槽の魚が務める。
 
 
 
匿名利用者