「アレクサンデル6世 (ローマ教皇)」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[Image:Aleksandro la 6-a.jpg|right|180px|アレクサンデル6世]]
'''アレクサンデル6世'''(Alexander VI, [[1431年]][[1月1日]] - [[1503年]][[8月18日]])は[[15世紀]]の[[ローマ教皇]](在位、[[1492年]] - [[1503年]])。
 
本名はロドリーゴ・ランソルであるが、母方の伯父である[[カリストゥス3世_(ローマ教皇)|カリストゥス3世]]の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ)に変えたため、ロドリーゴ・ボルジャの名前で知られることになる。ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやサヴォナローラのとの対立によっても非難されることが多い。また息子の[[チェーザレ・ボルジャ]]を右腕とし、一族の繁栄と教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。現在でも「史上最悪の教皇」という評価から「指導力を備えた君主」というものまで評価が分かれる人物である。<br>
ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやサヴォナローラのとの対立によっても非難されることが多い。また息子の[[チェーザレ・ボルジャ]]を右腕とし、一族の繁栄と教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。<br>
現在でも「史上最悪の教皇」という評価から「指導力を備えた君主」というものまで評価が分かれる人物である。
 
== 生涯 ==
=== 教皇就任まで ===
ロドリーゴはスペイン・[[ヴァレンシア]]のハティヴァ出身。<br>
ロドリーゴはスペイン・[[ヴァレンシア]]のハティヴァ出身。[[ボローニャ大学]]で法学を学び、伯父にひきたてられる形で[[司教]]、[[枢機卿]]、教皇庁財務部副院長となった。ネポティズムとよばれる親族登用主義はこの時代のカトリック教会を代表する悪習であった。彼は以後、五人の教皇に仕える中で、経験と富、人脈を形成していった。若いころのロドリーゴにはまだ節度があり、それほど派手な生活をしているわけでもなかった。ただ、当時の高位聖職者たちのように彼のモラルは堕ちきっており、金と女に情熱を傾けていた。このころには、すでに数人の子供が愛人たちから生まれていた。[[1458年]]には品行の悪さを教皇[[ピウス2世]]から叱責されている。
[[ボローニャ大学]]で法学を学び、伯父にひきたてられる形で[[司教]]、[[枢機卿]]、教皇庁財務部副院長となった。[[ネポティズム]]とよばれる親族登用主義はこの時代のカトリック教会を代表する悪習であった。彼は以後、五人の教皇に仕える中で、経験と富、人脈を形成していった。<br>
ロドリーゴはスペイン・[[ヴァレンシア]]のハティヴァ出身。[[ボローニャ大学]]で法学を学び、伯父にひきたてられる形で[[司教]]、[[枢機卿]]、教皇庁財務部副院長となった。ネポティズムとよばれる親族登用主義はこの時代のカトリック教会を代表する悪習であった。彼は以後、五人の教皇に仕える中で、経験と富、人脈を形成していった。若いころのロドリーゴにはまだ節度があり、それほど派手な生活をしているわけでもなかった。ただ、当時の高位聖職者たちのように彼のモラルは堕ちきっており、金と女に情熱を傾けていた。このころには、すでに数人の子供が愛人たちから生まれていた。[[1458年]]には品行の悪さを教皇[[ピウス2世]]から叱責されている。
 
[[インノケンティウス8世]]が没すると、教皇位は三人の有力候補者によって争われることになった。ボルジャ枢機卿、アスカニオ・スフォルツァ枢機卿、そしてジュリアーノ・デラ・ロヴェーレ枢機卿(後の[[ユリウス2世]])である。当初はイタリア人の支持を得ていたロヴェーレ枢機卿が有利と見られていたが、ボルジャはスフォルツァ枢機卿ら多くの票を買収することに成功した。こうして彼がアレクサンデル6世を名乗ることになる。このコンクラーヴェにおける贈収賄は広く世に知られ、彼が三重冠を金で買ったと非難される原因になった。<br>
こうして彼がアレクサンデル6世を名乗ることになる。このコンクラーヴェにおける贈収賄は広く世に知られ、彼が三重冠を金で買ったと非難される原因になった。
 
=== 教皇とネポティズム ===
ここにおいて教皇はかつてのライヴァル、ロヴェーレ枢機卿の激しい反発を受けることになる。ロヴェーレ枢機卿はフェルナンド2世の支援を受けていた。教皇との関係が悪化すると、身の危険を察知したロヴェーレは自らの司教区[[オスティア]]へ避難し、そこへ立てこもった。フェルナンド2世は[[フィレンツェ]]、[[ミラノ]]、[[ヴェネツィア]]と手を結んで彼を援護した。
 
教皇はこれに対して[[1493年]][[4月25日]]に反ナポリ王国同盟を結成して開戦準備を始めた。<br>
教皇はこれに対して[[1493年]][[4月25日]]に反ナポリ王国同盟を結成して開戦準備を始めた。フェルナンドはスペイン本国に援助を求めたが、スペインはポルトガルとの世界分割協定において教皇の承認を必要としていたため、教皇との争いに手を貸せる状態ではなかった。(このスペインとポルトガルとの紛争回避への模索は[[1494年]]に締結された[[トルデシリャス条約]]で実を結ぶことになる。)教皇は自らの地位強化のため、次々と手を打っていた。娘の[[ルクレツィア・ボルジャ|ルクレツィア]]はすでにスペインのドン・ガスパロ・デ・プロシダと結婚していたが、父親の教皇登位にともなって父のもとへ戻り、ペザロ公ジョバンニ・スフォルツァと結婚させられた。結婚式はバチカンで華々しくおこなわれた。
フェルナンドはスペイン本国に援助を求めたが、スペインはポルトガルとの世界分割協定において教皇の承認を必要としていたため、教皇との争いに手を貸せる状態ではなかった(このスペインとポルトガルとの紛争回避への模索は[[1494年]]に締結された[[トルデシリャス条約]]で実を結ぶことになる。)。<br>
教皇はこれに対して[[1493年]][[4月25日]]に反ナポリ王国同盟を結成して開戦準備を始めた。フェルナンドはスペイン本国に援助を求めたが、スペインはポルトガルとの世界分割協定において教皇の承認を必要としていたため、教皇との争いに手を貸せる状態ではなかった。(このスペインとポルトガルとの紛争回避への模索は[[1494年]]に締結された[[トルデシリャス条約]]で実を結ぶことになる。)教皇は自らの地位強化のため、次々と手を打っていた。娘の[[ルクレツィア・ボルジャ|ルクレツィア]]はすでにスペインのドン・ガスパロ・デ・プロシダと結婚していたが、父親の教皇登位にともなって父のもとへ戻り、ペザロ公ジョバンニ・スフォルツァと結婚させられた。結婚式はバチカンで華々しくおこなわれた。
 
しかし教皇庁の華やかさとは裏腹に、ローマの情勢は目もあてられないほどになっていた。<br>
しかし教皇庁の華やかさとは裏腹に、ローマの情勢は目もあてられないほどになっていた。街にはスペイン人のならずものや、暗殺者、売春婦、情報屋などが我が物顔に歩き回り、殺人や強盗は日常茶飯事であった。オルシーニやコロンナというローマ貴族でさえも教皇の権威に服さず、徒党を組んで治安を乱していた。異教徒とユダヤ人は街に住むためにわいろを払うことを求められ、教皇自身もまた世俗君主にもみられないほどに狩猟、ダンス、演劇や宴会などに耽っていた。教皇は一般犯罪には厳しく対処したがいっこうに収まる気配はなかった。バチカンの城壁に罪人の死体が吊されない日はなかったと言われる。
街にはスペイン人のならずものや、暗殺者、売春婦、情報屋などが我が物顔に歩き回り、殺人や強盗は日常茶飯事であった。オルシーニやコロンナというローマ貴族でさえも教皇の権威に服さず、徒党を組んで治安を乱していた。<br>
異教徒とユダヤ人は街に住むためにわいろを払うことを求められ、教皇自身もまた世俗君主にもみられないほどに狩猟、ダンス、演劇や宴会などに耽っていた。<br>
教皇は一般犯罪には厳しく対処したがいっこうに収まる気配はなかった。バチカンの城壁に罪人の死体が吊されない日はなかったと言われる。
 
[[オスマン帝国]]の[[バヤズィト2世]]の弟ジェムも初めは人質としてローマにやってきて軟禁されていたのだが、アレクサンデル6世の取り巻きの一人になっていた。当時のイタリア半島を巡る政治情勢も決して明るいものではなく、諸外国がイタリア進入の機会を虎視眈々と狙っていた。また、ミラノは名義上幼いジャン・ガレッツォの代理という形であったがルドビコ・スフォルツァが実質的に支配権を持ち、名実共に支配者たることを画策していた。
 
=== フランス軍の侵攻 ===
教皇は自らの地位を手にいれるためにあらゆる同盟を結んだが、孤立を恐れる余りフランスの[[シャルル8世 (フランス王)|シャルル8世]]の助けを求めることになった。さらにナポリ王が孫娘をめあわせたジャン・ガレッツォとの提携を図るようになると、シャルル8世をそそのかして[[ナポリ王国]]を狙わせている。アレクサンデル6世の外交政策は二重政策であった。<br>
さらにナポリ王が孫娘をめあわせたジャン・ガレッツォとの提携を図るようになると、シャルル8世をそそのかして[[ナポリ王国]]を狙わせている。アレクサンデル6世の外交政策は二重政策であった。
 
つまり自らと一族の地位を脅かすナポリ王国の弱体化を狙いながらも、スペインの干渉を受けたために[[1493年]]7月にナポリ王国およびオルシーニ家と和平協定を結んでいる。協定の履行の一貫として、教皇の息子ホフレはフェルディナンド1世の孫娘ドーニャ・サンチアと結婚している。
 
教皇は教皇庁を完全に掌握するため、自分の息のかかった12人の新枢機卿を任命した。その中にはわずか18歳にすぎなかった息子のチェーザレや教皇の愛人ジュリア・ベッラの息子[[アレッサンドロ・ファルネーゼ]]も含まれていた。この自身の息子の枢機卿任命は教皇庁をゆるがすスキャンダルとなったが、文句のつけようのない人物も幾人か登用され、列強にポストを分配するなどの工夫によって非難をうまくかわした。そんなとき、[[1494年]][[1月25日]]にナポリ王の[[フェルディナンド1世_(ナポリ王)|フェルディナンド1世]]が世を去ると息子の[[アルフォンソ2世_(ナポリ王)|アルフォンソ2世]]が後を継いだ。<br>
この自身の息子の枢機卿任命は教皇庁をゆるがすスキャンダルとなったが、文句のつけようのない人物も幾人か登用され、列強にポストを分配するなどの工夫によって非難をうまくかわした。<br>
そんなとき、[[1494年]][[1月25日]]にナポリ王の[[フェルディナンド1世_(ナポリ王)|フェルディナンド1世]]が世を去ると息子の[[アルフォンソ2世_(ナポリ王)|アルフォンソ2世]]が後を継いだ。
 
フランス王シャルル8世はフェルディナンド王逝去のあとまもなく、自らのナポリ王位継承を主張した。教皇がこれを認めなかったためフランス軍のイタリア侵攻を引き起こした。[[1494年]]7月にはアルフォンソ2世の継承権を承認し、領土と引き換えにナポリ王国と手を組んだ。各地でフランス軍の進撃への備えがなされ、ナポリ王国軍は陸上ではフランス勢に味方していたミラノを攻撃し、海上では艦隊によってジェノヴァを攻囲した。<br>
[[1494年]]7月にはアルフォンソ2世の継承権を承認し、領土と引き換えにナポリ王国と手を組んだ。各地でフランス軍の進撃への備えがなされ、ナポリ王国軍は陸上ではフランス勢に味方していたミラノを攻撃し、海上では艦隊によってジェノヴァを攻囲した。
 
しかし、どちらの戦闘にも敗北し、[[1494年]][[9月8日]]、アルプスを越えたフランス軍はミラノ軍と会同した。教皇領内に混乱が起きると、オルシーニ家の軍勢はフランス側についてオスティアを攻めた。シャルル9世は急速に南下を続け、フィレンツェをとおって11月にローマへ向かった。
 
アレクサンデル6世はたまらずアスカニオ・スフォルツァに助けを求め、さらにオスマン帝国にまで救援を求めた。彼はなんとか軍勢をかき集めてローマを守備しようとしたが統制がとれず、オルシーニ家は居城をフランス軍に提供までする始末であった。ここに至って教皇も抵抗をあきらめ、[[12月31日]]にシャルル9世が軍勢とフランス派の枢機卿団を従えてローマに入城した。アレクサンデル6世は、ついに自分も汚職の廉で退位させられ、[[公会議]]が召集されて断罪されるのかと恐れおののいたが、シャルル8世へ強い影響力を持っていたサンマロ司教を枢機卿位と引きかえに抱き込むことに成功した。<br>
アレクサンデル6世は、ついに自分も汚職の廉で退位させられ、[[公会議]]が召集されて断罪されるのかと恐れおののいたが、シャルル8世へ強い影響力を持っていたサンマロ司教を枢機卿位と引きかえに抱き込むことに成功した。
 
シャルル8世は教皇の退位を求めない代わりに、教皇は使節という名目で息子のチェーザレを差し出してナポリへ向かわせること、オスマン帝国へのカードとなるジェムを引き渡すこと、軍港チヴィタベッキアをフランスに割譲することなどの条件を呑んだ。[[1495年]][[1月28日]]、シャルル9世はナポリ王国目指してローマを出発し、ジェムとチェーザレを伴っていた。チェーザレは道中で脱走に成功、スポレートに逃げ込んだ。フランス軍の勢いの前にナポリ王国は抵抗する術もなく、あっさりとフランス軍の軍門に下り、王は逃走した。<br>
[[1495年]][[1月28日]]、シャルル9世はナポリ王国目指してローマを出発し、ジェムとチェーザレを伴っていた。チェーザレは道中で脱走に成功、スポレートに逃げ込んだ。フランス軍の勢いの前にナポリ王国は抵抗する術もなく、あっさりとフランス軍の軍門に下り、王は逃走した。
 
=== フランス軍のイタリア撤退 ===
しかし、シャルル8世もイタリアに安住しているわけにはいかなかった。シャルルの成功を危険視した諸侯たちが教皇を中心に結束しはじめたのだった。[[1495年]][[3月31日]]、教皇は[[神聖ローマ帝国]]、ヴェネツィア、ミラノ、スペインと同盟を結んだ。この同盟の名義は対オスマン帝国戦であったが、誰が見てもフランス包囲網であることは明らかであった。シャルル8世は[[5月12日]]にナポリ王として戴冠したが、すぐにフランス軍の撤収を開始した。<br>
[[1495年]][[3月31日]]、教皇は[[神聖ローマ帝国]]、ヴェネツィア、ミラノ、スペインと同盟を結んだ。この同盟の名義は対オスマン帝国戦であったが、誰が見てもフランス包囲網であることは明らかであった。シャルル8世は[[5月12日]]にナポリ王として戴冠したが、すぐにフランス軍の撤収を開始した。
 
イタリア半島を北に向かうフランス軍はフォルノヴォで初めて同盟軍と会戦、激しい戦いが繰り返されたが、ようやく11月にフランスに帰国することができた。スペインの後押しをうけてフェルディナンド2世がナポリ王位についた。このフランス軍のイタリア半島侵入は、イタリアが侵略に対してもろいかということをあからさまにすることになった。一方アレッサンドロ6世はフランスを追い出すことに成功したことでオルシーニ家に対して優位に立つこととなった。
スペイン軍の手でとらわれたヴィルジニオ・オルシーニがナポリで獄死すると教皇はただちにその資産を没収した。オルシーニ家も一族の存亡をかけて抵抗したため、教皇はウルビーノ公とガンディア公を差し向けてこれを殲滅しようとした。しかし教皇の軍勢は逆に敗北したため、ヴェネツィアの仲介で和平協定が結ばれた。オルシーニ家は50000ドゥカットを支払って没収された資産を返還してもらい、捕虜となったウルビーノ公は自腹で身代金を払って解放された。
 
結局、教皇はオスティアを手にいれ、フランスよりの二人の枢機卿を捕らえただけに終わった。[[7月14日]]、解放されて帰ってきたガンディア公ホアンが行方不明となり、翌日[[ティベル川]]に死体となって浮かんでいるのが発見された。息子のあまりに不審な死に教皇は嘆き悲しみ、[[サンタンジェロ城]]に引きこもって「今こそ教会改革をしなければならない」と叫んだ。<br>
息子のあまりに不審な死に教皇は嘆き悲しみ、[[サンタンジェロ城]]に引きこもって「今こそ教会改革をしなければならない」と叫んだ。
 
犯人探しがすすむと、何人もの有力者の名前が挙がり始め、ついに息子チェーザレの名前が浮かんだ。なぜか捜査は途中で打ち切られ、真相は闇の中になったが、暗殺がチェーザレの指示によるものであるという噂はその直後から流れていた。彼はガンディア公ホアンが自分以上に父親に対して影響力を持ち始めているのを座視できなかったというのである。ただしホアン自身たびたび有力者とトラブルを起こすような性格であったという説もあり、いまだに真犯人はわからない。<br>
ただしホアン自身たびたび有力者とトラブルを起こすような性格であったという説もあり、いまだに真犯人はわからない。
 
=== サヴォナローラ ===
このころ、チェーザレの権威は頂点に達していた。暴力的で一度目をつけた相手を決して許さない冷酷な男、そう評されたチェーザレには父である教皇すら手を出せなかったという見方もある。ただチェーザレは政治家としては有能で冷徹な[[マキャベリズム|マキャヴェリスト]]でもあった。チェーザレが多くの金を必要とするようになると教皇は資産の没収を始めた。そうして滅ぼされたものには教皇の秘書も含まれていた。没収の仕方は大雑把なものだった。まず、誰であれ資産があると噂が立つと、何らかの罪によって告訴される。告訴されると、すぐに投獄され、しばしば[[処刑]]へと進み、当人の資産が没収された。<br>
没収の仕方は大雑把なものだった。まず、誰であれ資産があると噂が立つと、何らかの罪によって告訴される。告訴されると、すぐに投獄され、しばしば[[処刑]]へと進み、当人の資産が没収された。
 
教皇庁でこのような不法が横行し始めたことに誰もがショックを受けた。同様に横行していた聖職売買も非難されたが、もしボルジャ家の悪口を言おうものなら死を覚悟しなければならないほどになっていた。聖職者の不法にそれほど目くじらをたてる時代ではなかったにもかかわらず、ボルジャ家のあまりの非法ぶりに人々もショックを受けた。このように誰もが口をつぐむ情勢の中で[[ドミニコ会]]員でフィレンツェ市で大きな影響力を持っていた[[ジロラモ・サヴォナローラ|サヴォナローラ]]は敢然と教皇とボルジャ家の不正を批判、公会議召集を呼びかけた。メディチ家への反発もあり市民は当初サヴォナローラを支持していたためと、フィレンツェ市がフランスと同盟していたことにより強硬な姿勢を取ることができなかった。どうしてもフィレンツェを反フランス同盟に引き入れたかったため、フィレンツェ市民の反感を買いたくないという事情もあった。アレクサンデル6世はサヴォナローラに対して説教の禁止と教会組織への服従を要求し、フィレンツェ市に対してはフランスとの同盟を破棄するようたびたび迫った。その後、サヴォナローラのあまりに厳格な政策と教会からの破門によって人心が離れ、ついにサヴォナローラはフィレンツェ共和国に捕らえられ[[1498年]][[5月23日]]に処刑された。このころ、[[オルシーニ家]]と[[コロンナ家]]が争ったが、最終的に対教皇同盟を結ぶことで手を結んだ。<br>
このように誰もが口をつぐむ情勢の中で[[ドミニコ会]]員でフィレンツェ市で大きな影響力を持っていた[[ジロラモ・サヴォナローラ|サヴォナローラ]]は敢然と教皇とボルジャ家の不正を批判、公会議召集を呼びかけた。メディチ家への反発もあり市民は当初サヴォナローラを支持していたためと、フィレンツェ市がフランスと同盟していたことにより強硬な姿勢を取ることができなかった。どうしてもフィレンツェを反フランス同盟に引き入れたかったため、フィレンツェ市民の反感を買いたくないという事情もあった。アレクサンデル6世はサヴォナローラに対して説教の禁止と教会組織への服従を要求し、フィレンツェ市に対してはフランスとの同盟を破棄するようたびたび迫った。<br>
その後、サヴォナローラのあまりに厳格な政策と教会からの破門によって人心が離れ、ついにサヴォナローラはフィレンツェ共和国に捕らえられ[[1498年]][[5月23日]]に処刑された。このころ、[[オルシーニ家]]と[[コロンナ家]]が争ったが、最終的に対教皇同盟を結ぶことで手を結んだ。
 
このころから基盤のいっそうの強化のため婚姻による外交の強化に力を入れ始めた。<br>
このころから基盤のいっそうの強化のため婚姻による外交の強化に力を入れ始めた。1497年にルクレツィアのスフォルツァとの結婚を無効にし、フェデリーコ4世の娘とチェーザレの結婚が出来ないとわかるとフェデリーコを脅して、アルフォンソ2世の息子ビッシェリエ公とルクレツィアの結婚を承諾させた。チェーザレはその頃にはすでに枢機卿ではなくなっていたが、教皇使節としてフランスへ赴き、[[ルイ12世]]の結婚を無効と認める回勅と引き換えにヴァレンティノ公の地位を手にいれ、イタリア半島の僭主たちを打倒するための援助の約束を取り付けた。その上でチェーザレはナヴァーラの王女と結婚した。
1497年にルクレツィアのスフォルツァとの結婚を無効にし、フェデリーコ4世の娘とチェーザレの結婚が出来ないとわかるとフェデリーコを脅して、アルフォンソ2世の息子ビッシェリエ公とルクレツィアの結婚を承諾させた。<br>
このころから基盤のいっそうの強化のため婚姻による外交の強化に力を入れ始めた。1497年にルクレツィアのスフォルツァとの結婚を無効にし、フェデリーコ4世の娘とチェーザレの結婚が出来ないとわかるとフェデリーコを脅して、アルフォンソ2世の息子ビッシェリエ公とルクレツィアの結婚を承諾させた。チェーザレはその頃にはすでに枢機卿ではなくなっていたが、教皇使節としてフランスへ赴き、[[ルイ12世]]の結婚を無効と認める回勅と引き換えにヴァレンティノ公の地位を手にいれ、イタリア半島の僭主たちを打倒するための援助の約束を取り付けた。その上でチェーザレはナヴァーラの王女と結婚した。
 
アレクサンデル6世はルイ12世が前王シャルル8世以上の貢献を自分にしてくれることを期待しており、スペインとスフォルツァの反対を押し切って[[1499年]]1月にフランスと同盟、ヴェネツィアも引き入れた。1499年の秋にはルイ12世がイタリアへ進軍し、[[スフォルツァ家|ルドビコ・スフォルツァ]]をミラノから追放した。フランスの協力による成功に気を良くした教皇は北イタリアに割拠する僭主たち([[シニョリーア]])を今こそ一掃しようと考えた。当時の北イタリアでは名目上は教皇領となっていても小君主たちが都市に拠って割拠独立していたのである。チェーザレは教皇軍の司令官(ゴンファロニエーレ)に任命されると、フランスの支援のもとに都市群を次々に陥落させていった。しかし、ミラノからフランス軍が追い出されてスフォルツァが復帰したため、チェーザレは[[1500年]]の初頭にいったんローマへ帰還した。
 
=== チェーザレの活躍 ===
[[1500年]]は[[聖年]]であったため、多くの巡礼者がローマを訪れた。多くの巡礼者が[[贖宥状]]を購入したことで、教皇は多大な現金収入を得ることになった(ちなみに聖年に[[サン・ピエトロ大聖堂]]の聖なる扉が開かれる慣例を創始したのはアレクサンデル6世である)
 
教皇はこれを財源に、再びチェーザレを北部侵攻に派遣した。一進一退の状態ではあったが、ついに4月にミラノを再び落とし、スフォルツァを失脚させた。外部に憂いをたつと、再び内部の悲劇が起こり、ルクレツィアの夫、ビッシェリエ公が殺害された。もはや価値がなくなったとみなされたビッシェリエ公は、美しいルクレツィアを政略結婚で再び利用しようとしたチェーザレの指示で殺害された、という説もある。教皇はさらなる財源としてスペイン人を多く含む新枢機卿12人を任命、12000ドゥカットを手に入れた。北部を平定したチェーザレと共に、[[十字軍]]派遣の名目で中部イタリア攻略作戦を企てた。秋になるとフランスとヴェネツィアの援助も受けたチェーザレは10000の軍勢をそろえることができた。<br>
教皇はさらなる財源としてスペイン人を多く含む新枢機卿12人を任命、12,000ドゥカットを手に入れた。北部を平定したチェーザレと共に、[[十字軍]]派遣の名目で中部イタリア攻略作戦を企てた。秋になるとフランスとヴェネツィアの援助も受けたチェーザレは10,000の軍勢をそろえることができた。
 
北部イタリアにおけるチェーザレの華々しい活躍と(厳しいものではあったが統制のとれていた)専制統治の見事さは[[ニッコロ・マキャヴェッリ]]から賞賛されることになった。[[1501年]]7月にローマに戻ったチェーザレはロマーニャ公となり、イタリア北部を勢力下においたルイ12世と南イタリア攻略を検討し、スペインとの間にナポリ王国分割の密約も締結した。教皇も[[7月25日]]にこれを承認している。フレデリコ5世は正式に退位させられた。フランス軍がナポリ領に侵攻し、教皇はオルシーニ家と組んでコロンナ家の弱体化に成功した。教皇は不在中、娘のルクレツィアを教皇代理としてたてたため、教皇の娘の明晰さが評判となった。ルクレツィアはそれからまもない[[1502年]]1月にフェラーラ公アルフォンソ・デステの元に嫁ぐことになる。<br>
[[1501年]]7月にローマに戻ったチェーザレはロマーニャ公となり、イタリア北部を勢力下においたルイ12世と南イタリア攻略を検討し、スペインとの間にナポリ王国分割の密約も締結した。教皇も[[7月25日]]にこれを承認している。フレデリコ5世は正式に退位させられた。フランス軍がナポリ領に侵攻し、教皇はオルシーニ家と組んでコロンナ家の弱体化に成功した。<br>
教皇は不在中、娘のルクレツィアを教皇代理としてたてたため、教皇の娘の明晰さが評判となった。ルクレツィアはそれからまもない[[1502年]]1月にフェラーラ公アルフォンソ・デステの元に嫁ぐことになる。
 
このころ、ジョバンニが生まれている。彼の父は確定できない。アレクサンデル6世だったという説もあるし、その息子のチェーザレだったという説もある。<br>
このころ、ジョバンニが生まれている。彼の父は確定できない。アレクサンデル6世だったという説もあるし、息子のチェーザレだったという説もある。フランスとスペインがナポリ領の分割をめぐって争っているころ、チェーザレはすでに次の目標を探していた。彼は間髪入れずにカメリーノとウルビーノを攻め、すぐに陥落させて教皇を大喜びさせた。しかし、教皇の軍隊も傭兵隊長が多いという弱みがあった。イタリア半島そのものに食指を動かし始めたフランスとなんとか手を組もうとした教皇だったが、これに失敗。再びフランス軍がイタリアに侵攻し、反ボルジャ家的な人々を糾合した。教皇の外交手腕とチェーザレが南イタリアへのフランスの侵攻に協力することを表明したことでフランスは中部イタリア侵攻を思いとどまった。次の危機は、かつて打倒した君主たちから起きた。オルシーニ家の残党が謀議をはかったのである。教皇軍が敗北したため、さすがの教皇も色を失った。<br>
次の危機は、かつて打倒した君主たちから起きた。オルシーニ家の残党が謀議をはかったのである。教皇軍が敗北したため、さすがの教皇も色を失った。
 
=== 教皇の晩年 ===
しかし、この危機もフランスの支援とチェーザレの謀略によって何とか乗り切ることができた。<br>
しかし、この危機もフランスの支援とチェーザレの謀略によって何とか乗り切ることができた。[[1502年]][[12月31日]]にチェーザレによって敵対した君主たちが打倒され、その報を受けた教皇は即座にオルシーニ枢機卿をバチカンに誘い出して獄死させた。ただちにオルシーニの資産は没収され、母親は路頭に迷い、多くの縁者が逮捕された。ホフレ・ボルジアが軍勢を率いてカンパーニャにオルシーニの居城を攻めた。こうして中世を通じてバチカンの支配権を争い、教皇すら脅かした二つの名家オルシーニ家と[[コロンナ家]]は没落し、ボルジア一族の前に屈した。ローマに戻ったチェーザレは父の指示でオルシーニ家の最後の拠点を攻めていたホフレの応援に向かった。結局オルシーニ家のチェリが捕らえられ、ジュリオ・オルシーニは降伏して、和議を申し出た。<br>
ローマに戻ったチェーザレは父の指示でオルシーニ家の最後の拠点を攻めていたホフレの応援に向かった。結局オルシーニ家のチェリが捕らえられ、ジュリオ・オルシーニは降伏して、和議を申し出た。
 
チェーザレはスパイによってローマ市民の口封じを計り、アレクサンデル6世もそれを黙認したため市民の支持は次第に離れていった。亡くなった枢機卿や、獄死・戦死した政敵の財産を没収することがたびたびあったので、財産目当ての暗殺が行われたという噂が立った。またミキエル枢機卿が4月に殺害され、オルシーニ家攻撃の殊勲者サンタクローチェ、ボルジャ家お抱えの殺し屋として有名だったトロッキオも殺害された。フェラーリ枢機卿は殺害されたのではなく、熱病で死んだと思われるが、結局財産を教皇に没収された。<br>
亡くなった枢機卿や、獄死・戦死した政敵の財産を没収することがたびたびあったので、財産目当ての暗殺が行われたという噂が立った。またミキエル枢機卿が4月に殺害され、オルシーニ家攻撃の殊勲者サンタクローチェ、ボルジャ家お抱えの殺し屋として有名だったトロッキオも殺害された。フェラーリ枢機卿は殺害されたのではなく、熱病で死んだと思われるが、結局財産を教皇に没収された。
 
ナポリ王国をめぐるスペインとフランスの争いは長期化していた。教皇は自分に有利な方であれば、どちらにでもつくつもりだった。教皇はチェーザレにシチリアを与えることを条件にフランスに援助を要請し、スペインにも[[シエナ]]、[[ピサ]]、ボローニャと引き換えの支援を持ちかけた。チェーザレは[[1503年]]7月に中部イタリアの残存勢力討伐のための軍事行動を準備していたが、突如父子ともに熱病に倒れた。時として毒薬に倒れたと書かれることもあるが、その根拠は薄い。むしろ当時ローマで流行することが多かった[[マラリア]]にかかったのであろう。<br>
チェーザレは[[1503年]]7月に中部イタリアの残存勢力討伐のための軍事行動を準備していたが、突如父子ともに熱病に倒れた。時として毒薬に倒れたと書かれることもあるが、その根拠は薄い。むしろ当時ローマで流行することが多かった[[マラリア]]にかかったのであろう。
 
[[1503年]][[8月18日]]、アレクサンデル6世死去。自らも病床にあったチェーザレは腹心のドン・ミケロットを派遣して、死去の報が公になる前に教皇の財産を押さえようとした。翌日、教皇の遺体は人前で安置されたが、膨れ上がった遺体は毒殺の噂を広めることになった。教皇の葬儀では兵士と司祭たちの間で乱闘が起こり、用意された棺桶は教皇の遺体をいれるには小さいものであった。さらに教皇の遺体は粗末な防水布でまかれていた。<br>
翌日、教皇の遺体は人前で安置されたが、膨れ上がった遺体は毒殺の噂を広めることになった。教皇の葬儀では兵士と司祭たちの間で乱闘が起こり、用意された棺桶は教皇の遺体をいれるには小さいものであった。さらに教皇の遺体は粗末な防水布でまかれていた。
 
=== 教皇の評価 ===
宗教政策では聖書に全く関心がなかったという同時代人の証言がある一方で、聖職者には儀式や会議に対して誠実で勤勉であることを求め自身も宗教儀礼をないがしろにすることはなかったと言われる。ヨーロッパ外に対する布教、特に新大陸に強い関心を持っていたが征服論者ではなく、ポルトガル人に「原住民の同意を得」てから布教するよう指示を出した書簡が残っている。また十字軍の軍費として徴収した大量の金の多くは教会の軍備に費やされたが、ハンガリーやベネツィアといった対トルコ前線の国への援助もたびたび行っている。
 
ルネサンス教皇の例に漏れず、アレクサンデル6世も多くの芸術家のパトロンであった。当時は絵画や彫刻だけでなく、建築においても華やかな時代であった。[[ドナト・ブラマンテ]]、[[ラファエロ]]、[[ミケランジェロ]]、など多くの芸術家が教皇の援助を受けて創作に打ち込んだが、特のお気に入りであったのは[[ピントゥリッキオ]]であった。しかしほかの教皇と比べるとその規模も質もやや見劣りする。[[バチカン美術館]]にある「ボルジアの間」は今では現代美術の展示室となっているが、その壁画に彼の愛した美術を見ることができる。建築に関しても有名なものは残されていないが、バチカンやサンタンジェロ城の改修、ローマ市街の整備を進めたことが知られている。<br>
[[バチカン美術館]]にある「ボルジアの間」は今では現代美術の展示室となっているが、その壁画に彼の愛した美術を見ることができる。建築に関しても有名なものは残されていないが、バチカンやサンタンジェロ城の改修、ローマ市街の整備を進めたことが知られている。
 
アレクサンデル6世以降、イタリア人以外で教皇に選出されたのは[[ハドリアヌス6世_(ローマ教皇)|ハドリアヌス6世]](在位,[[1522年]]-[[1523年]])、[[ヨハネ・パウロ2世_(ローマ教皇)|ヨハネ・パウロ2世]](在位,[[1978年]]-[[2005年]])、[[ベネディクト16世]]のみであり、また以降スペイン出身の教皇は出たことがない。
匿名利用者