「マリア・ルイーザ (パルマ女公)」の版間の差分

 
=== ナイペルク伯 ===
マリア・ルイーゼはロシア兵が守備するランブイエの城で、ナポレオンへの手紙を書く事も、彼からの手紙を受け取る事もなく、しばらく過ごす事になった。やがてそこで父のフランツ2世と再会した彼女は、オーストリアへと帰国した。フランツ2世はやつれた彼女に、しばらく[[エクス=レ=バン]]にある[[温泉]]でゆっくりと静養し、そこからエルバ島に行けばいいと言った。その言葉に従い、マリア・ルイーゼはウィーンにローマ王を残したまま、保養地のエクス=レ=バンに向った。エクス=レ=バンに向う際に、マリア・ルイーゼにはメッテルニヒによって付けられた護衛兼監視役のナイペルク伯が同行した。メッテルニヒは彼に「エクス=レ=バンにマリア・ルイーゼが滞在中、必要な手段を用い、エルバ島のナポレオンに合流したいという望みを断念させる事。もしいかなる手段を用いてもエルバ島行きを断念せず実行する場合には、同行すべし」と命令していた。この命令を受けたナイペルク伯は「十ヶ月も経たないうちに恋人になり、それから間もなくして夫になってみせるさ」と豪語した。彼は42歳の妻子ある男性で、フランスとの戦いで右目を失い、ナポレオンを憎悪していた。<br>
その言葉に従い、マリア・ルイーゼはウィーンにローマ王を残したまま、保養地のエクス=レ=バンに向った。エクス=レ=バンに向う際に、マリア・ルイーゼにはメッテルニヒによって付けられた護衛兼監視役のナイペルク伯が同行した。メッテルニヒは彼に「エクス=レ=バンにマリア・ルイーゼが滞在中、必要な手段を用い、エルバ島のナポレオンに合流したいという望みを断念させる事。もしいかなる手段を用いてもエルバ島行きを断念せず実行する場合には、同行すべし」と命令していた。<br>
この命令を受けたナイペルク伯は「十ヶ月も経たないうちに恋人になり、それから間もなくして夫になってみせるさ」と豪語した。彼は42歳の妻子ある男性で、フランスとの戦いで右目を失い、ナポレオンを憎悪していた。
 
マリア・ルイーゼは、ナポレオンの[[誕生日]]には自分の髪の毛やローマ王の胸像を送り、何通も手紙を書いて送った。一方、ナポレオンの方もマリア・ルイーゼがローマ王を連れてやってくるのを心待ちにしていた。そのため、息子を連れてエルバ島にやってきた愛人の[[マリア・ヴァレフスカ]]でさえ、三日で追い返してしまった。ところがエクス=レ=バンでは、洗練された[[貴族]]であるナイペルク伯が、機知に富んだ会話などでたちまちマリア・ルイーゼの心を捕らえてしまっていた。そして彼女はついにナポレオンの事を忘れ、ある秋の日に散歩の途中で嵐にあって避難したソレイユ・ドールと呼ばれる簡素な宿舎で、ナイペルク伯と男女の関係を持ったという。このため、[[1815年]][[2月26日]]にナポレオンがエルバ島を脱出したとの知らせを聞いてマリア・ルイーゼは仰天した。そして彼女は「再び[[ヨーロッパ]]の[[平和]]が危険にさらされる事になるのです」と言った。<br>
ところがエクス=レ=バンでは、洗練された[[貴族]]であるナイペルク伯が、機知に富んだ会話などでたちまちマリア・ルイーゼの心を捕らえてしまっていた。そして彼女はついにナポレオンの事を忘れ、ある秋の日に散歩の途中で嵐にあって避難したソレイユ・ドールと呼ばれる簡素な宿舎で、ナイペルク伯と男女の関係を持ったという。このため、[[1815年]][[2月26日]]にナポレオンがエルバ島を脱出したとの知らせを聞いてマリア・ルイーゼは仰天した。そして彼女は「再び[[ヨーロッパ]]の[[平和]]が危険にさらされる事になるのです」と言った。
 
=== 新たな生活 ===
匿名利用者