「聖バレンタインデーの虐殺」の版間の差分

m
マックガーンは暗殺部隊としてカポネの用心棒フレッド・“キラー”・バーク(Fred Burke)、[[アルバート・アンセルミ、ジョン・スカリーゼ|ジョン・スカリーゼ、アルバート・アンセルミ]]、ジョゼフ・ロロルド、キューウェル兄弟(パープル・ギャングのメンバー)の6人のチームを編成した。一部資料によると、ヒットマンの中に[[トニー・アッカルド]]、[[サム・ジアンカーナ]]もいたという説もある。
 
1929年2月14日の午前10時半頃、モランと関係者たちはパープルギャングが強奪した[[ウィスキー]]を、シカゴ北部のSMC運送会社の倉庫にあるモランの本部に配送することになっていた。モラン組の関係者6人が倉庫に入り、たまたまそこを通りかかった眼鏡屋のラインハルト・シュヴィマーと話をしていると、5人の警察官が倉庫にやってきて全員に壁に並ぶよう命じた。7人は素直に指示に従ったが、実はこの警察官はカポネ側のヒットマンが扮装した偽警察官であり、[[トンプソン・サブマシンガン]]とショットガンを取り出して一斉に発砲し彼らを蜂の巣にした。時間はわずか8分ほどで素早く行われた。本物の警察官が現場に駆け付けた時にはフランク・グーゼンバーグのみ生存しており、病院に搬送されたが3時間後に死亡した。
 
しかし、モランは倉庫に到着するのが数分遅れたため倉庫の前に偽物のパトカーが止まっているのを見て警察の手入れを恐れて、連れのマークスとニューベリーの2人とその場を逃げ出し、事なきを得た。
 
ちなみに事件現場の倉庫は[[1967年]]に取り壊され、現在は隣接する老人ホームの庭園及び駐車場となっている[http://chicagocrimescenes.blogspot.jp/2008/09/st-valentines-day-massacre.html]。
 
== 被害者 ==
ピーター・グーゼンバーグ(モラン組のヒットマン)。
2,093

回編集