「マリー・アントワネット」の版間の差分

*[[1785年]]次男[[ルイ17世 (フランス王)|ルイ・シャルル]]誕生。
 
*:彼女は大変に移り気かつ享楽的な性格で、読書も嫌いであったという。母のマリア・テレジアは娘の身を案じ、度々手紙を送って諌めたが効果は無かったようで、手紙は読まずに破り捨てられていたという説もある。
*:また、アントワネットと[[スウェーデン]]貴族[[ハンス・アクセル・フォン・フェルセン]][[伯爵]]との[[恋]]は、フランス宮廷では専らの噂となるほどであり、一方彼女は大貴族達を無視し[[ポリニャック伯夫人]]などの、自分のお気に入りの少数の貴族達のみを極端に偏愛した。
 
*1785年アントワネットの名を騙った、ブルボン王朝末期を象徴する[[スキャンダル]]である[[首飾り事件]]が発生、1786年3月に判決など、彼女に関する騒動は絶えなかった。地味な人物である夫のルイ16世を見下している所もあったという。ただしこれは彼女だけではなく大勢の貴族達の間にもそのような傾向は見られたらしい
*地味な人物である夫のルイ16世を見下している所もあったという。ただしこれは彼女だけではなく大勢の貴族達の間にもそのような傾向は見られたらしい。
*:一方、彼女の寵に加われなかった貴族達はマリー・アントワネットとその寵臣をこぞって非難した。ヴェルサイユ以外の場所、特に[[パリ]]ではこれらの[[中傷]]がひどかったという。多くは[[流言飛語]]の類だったが、結果的にこれらの中傷がパリの民衆の憎悪をかき立てることとなった。
 
*[[1789年]]、新たな徴税を試みるが、民衆の負担は既に限界に達しており、[[貴族]]からも強い反発を受けた。
**1789年7月14日民衆の不満は爆発し、バスチーユ牢獄を襲撃[[フランス革命]]が引き起こされた。そんななか[[ポリニャック伯夫人]]は、それまでマリー・アントワネットから多大な恩恵を受けていたにも関わらず、彼女を真っ先に見捨てオーストリアに[[亡命]]した。マリー・アントワネットに最後まで誠実だったのは、義妹のエリザベート内親王と[[ランバル公妃]]だけであった。[[ヴェルサイユ宮殿]]から[[テュイルリー宮殿]]に国王夫妻は身柄を移されたが、そこでアントワネットはフェルセンの力を借り、フランスを脱走し兄に助けを求めようと計画。<br>
*:マリー・アントワネットに最後まで誠実だったのは、義妹のエリザベート内親王と[[ランバル公妃]]だけであった。[[ヴェルサイユ宮殿]]から[[テュイルリー宮殿]]に国王夫妻は身柄を移されたが、そこでアントワネットはフェルセンの力を借り、フランスを脱走し兄に助けを求めようと計画。
*1791年6月20日[[ヴァレンヌ事件]]により逃亡を図るも失敗、6月25日に連れ戻される。
*:この事件により、親国王派の国民からも見離される。
*:結局同年[[10月15日]]革命裁判所で死刑の判決を受け、翌[[10月16日]]夫の後を追ってギロチンで斬首刑にされた。
 
*:ルイ16世の死刑裁判までは、幽閉生活とはいえ家族でチェスを楽しんだり、子供の勉強を見るなど、つかの間の家族団らんの時があった。10皿以上の夕食、30人のお針子を雇うなど待遇は決して悪くなかった。
 
*:斬首刑当日、アントワネットは特別な囚人として肥桶の荷車で[[ギロチン]]へと引き立てられて行った。コンシェルジュリーを出たときから、髪を短く刈り取られ両手を後ろ手に縛られていた。
*:その最期の言葉は、兵士の足を踏んでしまった時に発した「ごめんなさい・……。……わざとではありませんのよ」であったと伝えられる。
 
*:また、国民のアントワネットヘの憎悪の激しさは、彼女の友人であり、最後まで国王夫妻の側に立ち続けたランバル公妃の惨殺事件にも表れている。
 
== 評価 ==
匿名利用者