「一般米語」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ファイル:Midwestern American English monophthongs chart.svg|thumb|200px|right|典型的中西部英語の単母音。一般米語に近い。{{harvtxt|Mannell|Cox|Harrington|2009a}}より。ここで記号 "ɔ" はR音性の{{IPA|/ɔː/}}({{IPA|/ɔːr/}})を意味する(''warm''といった単語で見られる)。]]
[[ファイル:Ranges for RP and GA English weak vowels.svg|thumb|200px|一般米語と容認発音の弱母音の範囲。{{harvtxt|Wells|2008|p=XXV}}より。]]
[[ファイル:Midwestern American English diphthongs chart.svg|thumb|200px|right|典型的中西部英語の二重母音。{{harvtxt|Mannell|Cox|Harrington|2009b}}より。<br />• 単母音化した時、{{IPAc-en|eɪ}}および{{IPAc-en|oʊ}}はそれぞれ基本的な{{IPA|[e]}}および{{IPA|[o]}}と近くなる傾向がある。<br />• 多くの話者にとって、{{IPAc-en|aʊ}}の最初の要素はこのチャートで見られるよりも前方にある。]]
 
2006年の{{仮リンク|北米英語地図|en|Atlas of North American English}}は、母音発音のデータ測定にしたがって「ある訛りが『一般米語』と呼ばれる{{仮リンク|北米英語|en|North American English}}の一種と認識されたならば」、それはカナダ、アメリカ西部、アメリカ中部の3地域の方言「によって作られた構造であろう」と推量する<ref name="Labov 2006 146"/>。以下のチャートは、これら3つの方言が一般米語の音声体系として包含する母音を示す。
 
;''m''と''n''の前の「短いa」の高舌化
:ほとんどの話者で、{{IPA-all|æ||En-us-Near-open_front_unrounded_vowel2.ogg}}と転写される「短いa」音は、[[鼻音]]の前(すなわち{{IPA|/m/}}と{{IPA|/n/}}、そして一部の話者では{{IPA|/ŋ/}}の前)に存在する時は常に、{{仮リンク|高舌化|en|Raising (phonetics)|label=口の中で舌を高くして}}、それに続いて後方に[[二重母音|渡って]]発音される<ref>Boberg, Charles (Spring 2001). "Phonological Status of Western New England." ''American Speech'', Volume 76, Number 1. pp. 3-29 (Article). Duke University Press. p. 11: "The vowel {{IPA|/æ/}} is generally tensed and raised [...] only before nasals, a raising environment for most speakers of North American English."</ref>。この音は辛うじて{{IPA|[ɛə]}}と転写することができる( {{Audio|En-us-Anne2.ogg|{{IPA|[ɛən]}}としての{{IPA|/æn/}}の発音|help=no}}、{{Audio|En-us-am.ogg|{{IPA|[ɛəm]}}としての{{IPA|/æm/}}の発音|help=no}}))、あるいは具体的な方言に基づいて{{IPA|[eə]}}または{{IPA|[ɪə]}}と様々に転写できる。この現象は音韻学において「/æ/ の緊張化」と呼ばれる。<!--
{{hidden begin|toggle=left|title={{IPA|/æ/}} tensing in General American compared with other American English accents}}
{{/æ/ tensing in North American English}}
|-
|
{{Center|(these five words only:) <br/>borrow, morrow,<br />sorry, sorrow,<br />tomorrow}}
|
{{Center|corridor, euphoric,<br/>foreign, forest,<br/>Florida, historic,<br/>horrible, majority,<br/>minority, moral,<br/>orange, Oregon,<br />origin, porridge,<br />priority, quarantine,<br/ >quarrel, sorority,<br/>warranty, warren,<br />warrior (etc.)}}
|
{{Center|aura, boring,<br/>choral, coronation,<br/>deplorable, flooring,<br/>flora, glory,<br/>hoary, memorial,<br/>menorah, orientation,<br/>Moorish, oral,<br/>pouring, scorer,<br/>storage, story,<br/>Tory, warring (etc.)}}
|url=https://books.google.com/books?id=mtd3a-56ysUC&pg
|title= A Handbook of Varieties of English
|editor-first=Bernd
|editor-last=Kortmann
|editor2-first=Edgar W.
|editor2-last=Schneider
|publisher=Mouton de Gruyter