「マツミドリ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''マツミドリ'''([[1944年]] - ?[[1953年]])は[[日本]]の[[競走馬]]。父[[カブトヤマ]]と母栄幟の間に生まれた[[馬の毛色|鹿毛]]の[[牡馬|牡]]の[[サラブレッド]]である。第14回東京優駿競走(現[[東京優駿]]・日本ダービー)に優勝し父カブトヤマに次ぐ親子2代での日本ダービー制覇を達成した。全23戦9勝、獲得賞金は83万2040円。
 
農林省賞典(現[[皐月賞]])2着を経て出走した東京優駿競走では農林省賞典優勝馬[[トキツカゼ]]に雪辱を果たし優勝した。1945-46年は日本ダービーに当たる競走が中止されており、この年は戦後初の開催であった。また、父カブトヤマは1933年に第2回東京優駿大競走(日本ダービーにあたる)を制しており親子2代のダービー制覇を達成したことで「ダービー馬はダービー馬から」という言葉が生まれた。ただ、東京優駿競走後は農林省賞典や[[京都記念]]に優勝しているものの、マツミドリの東京優駿競走優勝を受けて創設された父を記念する[[競走]]である[[カブトヤマ記念]]は6着に敗れている。引退後は[[種牡馬]]となったがあまり成功することは出来なかった。代表産駒はダイゴ。
匿名利用者