「渡辺高夫」の版間の差分

 
1999年2月、仙台育英高校陸上競技部監督に就任。「練習はやり過ぎると成長を止める。高校生はまず勉強」<ref>「陸上:仙台育英高陸上部・渡辺総監督退任 いまだ破られぬ「神の領域」 /宮城」『毎日新聞』 2008年10月16日、宮城朝刊、23頁</ref>という考えを持ち、またここでもクロスカントリーを取り入れ、学校近く海沿いの松林にコースを整備。1日最長16キロまでしか走らせない制限を設け指導に当たった<ref>「[マイウエー]仙台育英、甘え捨て粘り発揮 6年ぶりV/全国高校駅伝」『読売新聞』1999年12月27日、大阪朝刊、スポーツA面、11頁</ref>。
また仙台育英高校は自身の就任以前から積極的に[[ケニア共和国]]から外国人留学生を受け入れていたものの、高校駅伝では外国人留学生が1区で得たリードを後続の日本人高校生が守りきれず、[[兵庫県立西脇工業高等学校|西脇工業高校]]に後半区間で逆転を許すケースが続いていた。そこで、外国人留学生と日本人高校生と競争させることによりお互いの力量を高めさせた。その結果、就任1年目となる1999年の第50回全国高校駅伝では3区で一旦順位を下げるものの、そこから粘って西脇工業高校に喰らいつき、アンカーの走者がラストのトラック勝負を制し、史上2校目の3連覇を狙った西脇工業高校を2秒差で振り切り、仙台育英高校は6年ぶり2回目の優勝を飾った。
また積極的に[[ケニア共和国]]から外国人留学生を受け入れ、日本人高校生と競争させることによりお互いの力量を高めさせた。
スピードの素質を見出したワンジルには我慢とスタミナ配分について指導した<ref name="wata1">「男子マラソン、恩師超えの金 “日本育ち”ワンジル「ありがとう」/北京五輪」『読売新聞』 2008年8月25日、西部朝刊、34頁</ref>。またその際に[[書道]]を勧め、ワンジルは2002年第11回国際高校生選抜書展で大賞を受賞した。
2004年の第55回全国高校駅伝では1区(10km)に佐藤、3区(8.1075km)にワンジルを起用し、'''2時間1分32秒'''の'''高校国内国際最高記録'''で優勝を果たした。
匿名利用者