「日下部金兵衛」の版間の差分

infobox作成、微加筆、出典、{{参照方法}}、典拠管理付与など
(→‎ギャラリー: 五张照片)
(infobox作成、微加筆、出典、{{参照方法}}、典拠管理付与など)
{{Infobox 写真家
[[Image:Garden Scene Kusakabe Kimbei.jpg|thumb|日下部金兵衛撮影の着色写真。]]
| 名前 = 日下部金兵衛
'''日下部 金兵衛'''(くさかべ きんべえ、[[天保]]12年[[10月15日 (旧暦)|10月15日]]([[1841年]][[11月27日]]) - [[昭和]]9年([[1934年]])[[4月19日]])は日本の[[写真家]]。顧客に外国人が多かったため、仕事上では名字の日下部よりも、発音しやすい名前の金兵衛を用いることが多かった。[[甲斐国]]([[山梨県]])出身。
| 画像 = [[画像:Portrait of Kusakabe Kimbei.jpg|200px]]
| キャプション =
| 本名 =
| 国籍 = {{JPN}}
| 生年月日 = [[1841年]][[11月24日]]または<br/>同年[[11月27日]]
| 没年月日 = [[1932年]][[4月19日]]または<br/>[[1934年]][[4月19日]]
| 出身地 = [[甲斐国]][[甲府市|甲府]]
| 血液型 =
| 身長 =
| 言語 =
| 最終学歴 =
| 師匠 = [[フェリーチェ・ベアト]]
| 出身 =
| グループ名 =
| 撮影スタイル =
| 使用カメラ =
| 事務所 =
| 活動時期 =
| 同期 =
| 作品 =
| 他の活動 =
| 弟子 =
| 公式サイト =
| 受賞歴 =
}}
 
'''日下部 金兵衛'''(くさかべ きんべえ、[[天保]]12年[[10月12日 (旧暦)|10月12日]]<ref name=nakamura170>[[#中村|中村(2006年)]]170頁</ref> / 同年[[10月15日 (旧暦)|10月15日]]<ref name="20世紀">{{Citation| date=2004| contribution=日下部 金兵衛 クサカベ キンベエ| contribution-url=https://archive.is/SIS5H#26%| publisher=日外アソシエーツ株式会社| id={{全国書誌番号|20737062}}}}</ref>
'''日下部 金兵衛'''くさかべ きんべえ、[[天保1841年]]12年[[10111524]] (旧暦)|10/ 同年[[111527日]]) - [[昭和]]7年([[18411932年]][[1142719日]]) -<ref name=nakamura173>[[昭和#中村|中村(2006年)]]173頁</ref>)/ 昭和9年[[4月19日]]([[1934年]][[4月19日]]<ref name="20世紀"/>))は日本の[[写真家]]。顧客に外国人が多かったため、仕事上では名字の日下部よりも、発音しやすい名前の金兵衛を用いることが多かった。[[甲斐国]]([[山梨県]])出身。
 
== 経歴 ==
甲斐国の甲府町(現・山梨県甲府市)に生まれる<ref name=nakamura170>[[#中村|中村(2006年)]]170頁</ref>。[[1863年]]([[文久]]3年)頃から、横浜の[[フェリーチェ・ベアト]]のスタジオで写真の着色技師として働き始めた。[[1867年]]([[慶応]]3年)にはベアトの弟子として[[上海]]に撮影に出かけている。ベアトが写真の世界から引退すると、ベアトの弟子でもあった[[ライムント・フォン・シュティルフリート]]の下で働いた。
 
[[1881年]]([[明治]]13年)頃に独立し、[[横浜]]の弁天通に写真スタジオ「金幣写真」を開設、まもなく日の出町にも支店を出した。独立直後は「写真商」と称していたが、数年後には「写真家」と改めている。本店は[[1890年]](明治22年)頃に本町通1丁目7番に移動した。さらに芝や[[銀座]]にも支店を開設した。[[1885年]](明治17年)頃、ベアトとシュティルフィールド、および[[内田九一]]が撮影したネガを引き継いだ。彼らの写真のうち、外国人の土産用の写真は「横浜写真」と呼ばれ、金兵衛自身もセミヌード写真を売り、中には顔をコラージュしているものもある<ref>{{Cite book|和書|author=[[石黒敬章]]|title=こんな写真があったのか』[[角川学芸出版]] [[: 幕末明治の歴史風俗写真館|date=2014年]])。-3|publisher=KADOKAWA|isbn=9784046532978|page= }}{{要ページ番号|date=2016-11}}</ref>。また、長崎の[[上野彦馬]]のネガもいくらか引き継いでいる。[[1904年]](明治36年)の[[セントルイス万国博覧会]]に作品を出展、[[1906年]](明治38年)に本店が火災で焼失したが、直後に再建した。
 
彼のアルバムのほとんどは、アコーディオン方式で作成されており、螺鈿細工や蒔絵を表紙に施した豪華なもので、現在では「金幣アルバム」などとも称される。
File:KITLV - 110673 - Kusakabe, Kimbei - Japanese woman in jinrikisha at Japan - circa 1890.tif
KITLV - 110666 - Kusakabe, Kimbei - Large bell of the Chionin (Chion-in) temple in Kyoto - circa 1890.tif
[[Image:Garden Scene Kusakabe Kimbei.jpg|thumb|日下部金兵衛撮影の着色写真。]]
</gallery>
 
 
== 参考文献 ==
{{参照方法|section=1|date=2016年11月}}
*{{Cite book|和書|author=[[中村啓信]]|title=日下部金兵衛 : 明治時代カラー写真の巨人|date=2006-7|publisher=[[国書刊行会]]||isbn=4336047723|ref=中村}}
* Bennett, Terry. ''Early Japanese Images'' (Rutland, Vermont: Charles E. Tuttle Company, 1996), 50.
* [http://www.cca.qc.ca/collectionenligne/fiches/fiches15.asp?ID=Kusakabe%2C+Kimbei&origineObject=PH1981:0956&ficheType=2&langue=2 Canadian Centre for Architecture; Collections Online, s.v. "Kusakabe, Kimbei"]. Accessed 3 April 2006.
* [http://siris-archives.si.edu/ipac20/ipac.jsp?&profile=all&source=~!siarchives&uri=full=3100001~!235035~!0#focus Some of Kimbei Kusakabe's photos.] At the [[:en:Freer Gallery of Art|Freer Gallery of Art]] and [[:en:Arthur M. Sackler Gallery:Arthur M. Sackler Gallery]] Archives.
* [http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/list.php?req=1&target=Kinbei 長崎大学付属図書館 幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベース]。2010年12月2日閲覧
 
 
{{Persondata <!-- Metadata: see [[Wikipedia:Persondata]]. -->
| PLACE OF DEATH =
}}
 
{{people-stub}}
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:くさかへ きんへえ}}
[[Category:幕末・明治期の写真家]]
[[Category:山梨県出身の人物]]
[[Category:1841年生]]
[[Category:19341930没]]
{{people-stub}}