「ヴィサルガ」の版間の差分

(ヒンディー語のヴィサルガ)
 
== 概要 ==
ヴィサルガは母音の後、語末または無声子音の前にのみ出現し、音節末の/ r/ および/ s/ が語末で変化した形である<ref>辻(1974) p.18</ref>。
* {{unicode|manas}}(心)単数主格 {{unicode|manaḥ}}、単数属格 {{unicode|manas-aḥ}}
* {{unicode|dvār}}(扉)単数主格 {{unicode|dvāḥ}}、単数属格 {{unicode|dvār-aḥ}}
 
/-s/は単数主格、二人称単数その他の語尾に -s はよく現れる語末であるため、ヴィサルガはサンスクリット文章の中によく現れ頻出する。
 
現代におけるヴィサルガの発音は派([[シャーカー]])によって異なる。{{IAST|aḥ}}を{{IPA|ɐhᵄ}}、{{IAST|iḥ}}を{{IPA|ihⁱ}}のように、前の母音をヴィサルガの後にわずかに響かせることもある。