「ヴィサルガ」の版間の差分

他の表記体系
m (リンク修正)
(他の表記体系)
'''ヴィサルガ'''({{lang|sa|विसर्ग}} {{IAST|visarga}}, ウィサルガ)は[[サンスクリット]]で「前に送る、開放」を意味する語で、サンスクリット[[音韻学]]([[シクシャー]])ではヴィサルガ(初期の音韻学ではヴィサルジャニーヤ {{IAST|visarjanīya}}とも)は音節末の[[無声声門摩擦音]] [h] を指す。[[デーヴァナーガリー]]では {{lang|sa|अः}} ([[IAST]]: {{Unicode|aḥ}}) のように、文字の後ろに[[コロン (記号)|コロン]]に似た記号を付加することでヴィサルガを表す。[[悉曇学]]ではこの記号を「涅槃点」と呼ぶ
 
== 概要 ==
== ヒンディー語 ==
ヒンディー語では数の6({{lang|hi|छः}} {{unicode|chaḥ}})のほか、サンスクリットから借用された副詞・接続詞にヴィサルガが出現する(例:{{lang|hi|अतः}} {{unicode|ataḥ}} 「したがって」)。発音は{{lang|hi|ह}} {{unicode|h}} と同じである<ref>町田(1999) p.103</ref>。
 
== 他の表記体系 ==
[[グジャラーティー文字]]でもヴィサルガの記号はサンスクリットからの借用語に使われるが、発音しない<ref>Mistry (1996) p.392</ref>。
 
[[カンナダ文字]]、[[テルグ文字]]でもサンスクリットからの借用語に使われ、普通は ha と発音する<ref>Bright (1996) p.415</ref>。
 
[[ビルマ文字]]では高い[[声調]]を表すのにヴィサルガの記号が転用されている。
 
== その他 ==
== 参考文献 ==
* {{cite book|author=Allen, Sidney W.|title=Phonetics in Ancient India|year=1953|publisher=Oxford University Press}}
* {{cite book|author=Bright, William|chapter=Kannada and Telugu Writing|year=1996|title=The World's Writing Systems|editor=Peter T. Daniels, William Bright|publisher=Oxford University Press|isbn=0195079930|pages=413-419}}
* {{cite book|author=Mistry, P.J.|chapter=Gujarati Writing|year=1996|title=The World's Writing Systems|editor=Peter T. Daniels, William Bright|publisher=Oxford University Press|isbn=0195079930|pages=391-394}}
* {{cite book|和書|author=[[辻直四郎]]|title=サンスクリット文法|year=1974|publisher=[[岩波全書]]}}
* {{cite book|和書|author=[[町田和彦]]|title=書いて覚えるヒンディー語の文字|publisher=[[白水社]]|year=1999|isbn=4560005419}}