「裳着」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
'''裳着'''(もぎ)は、[[平安時代]]から[[安土桃山時代]]([[皇族]]、貴族は[[明治時代]])にかけて女子の[[成人]]を示すものとして行われた[[通過儀礼|通過儀礼である]](男子の[[元服]]に相当)。成人した女子にはじめて'''[[裳]]'''を着せるもので、'''着裳'''(ちゃくも)とも称する。年齢は一定しないが概ね12-16歳(ただし[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]に於いては[[政略結婚]]に備えて8-10歳位に繰り上がった)
 
一人前の女性になったことを示すもので、結婚させるべき親の意思表示である。裳を着せる役の者を腰結(こしゆい)と称し、徳望のあるものから選ばれる。また、日取りは吉日が選ばれ、裳の腰紐を結び、[[髪上げ]]をする。また、「鉄漿親(かねおや)<ref>「鉄漿付け親(かねつけおや)」とも</ref>」の立ち会いのもと、初めて[[お歯黒]]を付け、眉を剃り、[[厚化粧]]をして殿上眉を描く([[引眉]])。これ以降、[[小袖]]は白、[[袴]]は緋(ただし江戸時代以降は結婚まで引き続き濃紫)となる。
 
[[江戸時代]]以降、武家と庶民は男性同様[[元服]]と称し、年齢も、18-20歳位、または結婚と同時に行うようになった。