「山口誓子」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Yamaguchi Seishi.JPG|thumb|200px|1948年]]
'''山口 誓子'''(やまぐち せいし、[[1901年]]([[明治]]34年)[[11月3日]] - [[1994年]]([[平成]]6年)[[3月26日]])は[[京都府]]出身の[[俳人]]。本名は新比古(ちかひこ)。[[高浜虚子]]に師事。昭和初期に[[水原秋桜子]]、[[高野素十]]、[[阿波野青畝]]とともに「'''[[ホトトギス (雑誌)|ホトトギス]]の四S'''」とされたが、のちに同誌を離反した秋桜子に従い「ホトトギス」を離脱。従来の俳句にはなかった都会的な素材、知的・即物的な句風、映画理論に基づく連作俳句の試みなどにより、秋桜子とともに新興俳句運動の指導的存在となる。戦後は「[[天狼 (雑誌)|天狼]]」を主宰し現代俳句を牽引した。
 
== 略歴 ==
匿名利用者