メインメニューを開く

差分

→‎性質: 連続半素数を追加あわせて頁全体を校正
* 121は[[合成数]]であり、[[約数]]は [[1]]、[[11]]と 121 である。
**[[約数]]の和は[[133]]。[[約数]]の和が奇数になる18番目の数である。1つ前は[[100]]、次は[[128]]。
* 40番目の[[半素数]]であり、1つ前は[[119]]、次は[[122]]。
* [[平方*3連続で半素数が続く4番目の]]であり、11<sup>2</sup>1つ前は100[[93]]、次は[[144141]]。
* [[平方数]]であり、11<sup>2</sup>。1つ前は100、次は[[144]]。
** 11{{sup|''n''}} とみたとき1つ前は[[11]]、次は[[1331]]。
* [[回文数]]である。また 121<sup>2</sup> = 14,64114641 もまた回文数。
* 5[[階乗|!]] + 1 = 121であるがこれは n! + 1で表せる2番目に小さい平方数である。同様の数で最小のものは 4! + 1 = [[25]]、次は[[7]]! + 1 = 5041。
* 1桁の数(1, [[4]], [[9]])を除けば平方数の中で最小の回文数である。
* 121 = 11<sup>2</sup> であり、2番目の[[フリードマン数]]。1つ前は[[25]]、次は[[125]]。
* 7番目の[[スミス数]]であり、121=11<sup>2</sup>、1 + 2 + 1 = (1 + 1) × 2。1つ前は[[94]]、次は[[166]]。
* 1 + k + k<sup>2</sup> + k<sup>3</sup> + k<sup>4</sup> の形で表される唯一の[[平方数]]である。(k = 3)
** 121 = 3{{sup|0}} + 3{{sup|1}} + 3{{sup|2}} + 3{{sup|3}} + 3{{sup|4}}。この形の数のひと1つ前は[[31]]、次は[[341]]。
** 3の累乗和と見たとき1つ前は[[40]]、次は[[364]]。
* 121番目の[[素数]]:[[661]]
16,091

回編集