「木村迪夫」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''木村 迪夫'''(きむら みちお、[[1935年]][[10月9日]] - )は、日本の[[農民]][[詩人]]、[[評論家]]。詩誌「山形詩人」代表。[[農民文学会]][[現代詩人会]]会員。
 
==経歴==
[[山形県]][[上山市]][[牧野]]生まれ。本名・廸男。5人兄弟の長男として生まれ、父を小学校4年の時、戦争によって失った<ref name=asahi>「ニッポン人脈記 百姓のまなざし 8 ことばの自作農になれ 村の盛衰見つめる詩人」『朝日新聞夕刊』 2006年7月20日</ref>。
[[山形県]][[上山市]][[牧野]]生まれ。本名・廸男。山形県立上山農業高等学校(後の[[山形県立上山明新館高等学校]])[[定時制]]課程卒業。卒業と同時に[[サクランボ]]の自営農として今日に至る。[[山びこ学校]]出身の[[佐藤藤三郎]]と出会い文学に目覚め、20代では[[青年団]]活動の中心メンバーとして多くの社会運動に参加し、後にゴミ処理業との[[兼業農家]]に転身<ref>[http://www.eiga-muon.net/muon-3.html 無音の叫び声 プロフィール]</ref>。[[小川紳介]]の[[ドキュメンタリー映画]]『[[牧野村物語]]』に関わり<ref>『現代日本人名録』</ref>、後には[[原村政樹]]監督の長編記録映画『無音の叫び声 農民詩人・木村迪夫の牧野物語』製作へと発展する<ref>[http://www.eiga-muon.net/muon-1.html 無音の叫び声 製作にあたって]</ref>。同作は第31回農業ジャーナリスト賞を受けた。
 
山形県立上山農業高等学校(後の[[山形県立上山明新館高等学校]])[[定時制]]課程卒業。[[山びこ学校]]出身の[[佐藤藤三郎]]は同級生。高校の文化祭に登壇した農民詩人の[[真壁仁]]による[[宮沢賢治]]をテーマにした講演に感銘を受け、卒業式の日、真壁を訪ねて「詩を書き続ける」と誓った<ref name=asahi />。[[1957年]]には真壁が創刊した同人誌『地下水』に参加する<ref>{{cite news |title=土に根ざし半世紀「地下水」廃刊の危機|author= |agency=|publisher=河北新報|date=2015-11-5|url=http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151105_55004.html|accessdate=2016-11-26}}</ref>。
山形を拠点に長年活動し続けてきた農民詩人として、思想性の高い詩集を発表。農業とゴミ処理業の経験をもとにした社会批判的な[[エッセイ]]や[[ルポルタージュ]]も書く<ref>[http://www.pref.yamagata.jp/ou/kikakushinko/020073/bunkasinko/41-50.html#143 斎藤茂吉文化賞選評]</ref>。上山市[[教育委員会]][[教育委員]]、[[社会教育委員]]も務めた。
 
[[山形県]][[上山市]][[牧野]]生まれ。本名・廸男。山形県立上山農業高等学校(後の[[山形県立上山明新館高等学校]])[[定時制]]課程卒業。卒業と同時に[[サクランボ]]の自営農として今日至る従事[[山びこ学校]]出身の[[佐藤藤三郎]]と出会い文学に目覚め、20代では[[青年団]]活動の中心メンバーとして多くの社会運動に参加するが、農業のみでの[[自活]]は苦農閑期は静岡のカン畑、東京の工事現場へと[[出稼ぎ]]に出た<ref name=asahi />。[[1971年]]、コメ[[減反政策]]を機に廃棄物処理業との[[兼業農家]]に転身する<ref>[http://www.eiga-muon.net/muon-3.html 無音の叫び声 プロフィール]</ref>。処理業ため購入した中古の2トントラックには「人民服務号」の文字塗装を施した。[[小川紳介]]監督の[[ドキュメンタリー映画]]である[[牧野村物語]]』に関わり<ref>『現代日本人名録』</ref>、後には[[また原村政樹]]監督の長編記録映画『無音の叫び声 農民詩人・木村迪夫の牧野物語』製作へと発展するされた<ref>[http://www.eiga-muon.net/muon-1.html 無音の叫び声 製作にあたって]</ref>。同作は第31回農業ジャーナリスト賞を受けた賞<ref>{{cite news |title=埼玉)雑木林と人々を農業映画に 原村監督が撮影中|author= |agency=|publisher=朝日新聞|date=2016-5-19|url=http://www.asahi.com/articles/ASJ5F5HZQJ5FUTNB01K.html|accessdate=2016-11-26}}</ref>
 
山形を拠点に長年活動し続けてきた農民詩人として、思想性の高い詩集を発表。農業とゴミ廃棄物処理業の経験をもとにした社会批判的な[[エッセイ]]や[[ルポルタージュ]]も書く<ref>[http://www.pref.yamagata.jp/ou/kikakushinko/020073/bunkasinko/41-50.html#143 斎藤茂吉文化賞選評]</ref>。上山市[[教育委員会]][[教育委員]]、[[社会教育委員]]も務めた。
 
==賞歴==
*1970年 - 上山市芸術文化功労賞
*1979年 - 山形県詩賞
*1986年 - 『詩信・村の幻へ』で第30回[[農民文学賞]]
*1991年 - 山形県芸術文化会議賞
*1992年 - 『まぎれ野の』で第32回[[晩翠賞]]
*1993年 - [[真壁仁]]・野の文化賞
*2000年 - [[斎藤茂吉]]文化賞
*2003年 - 『いろはにほへとちりぬるを』で第21回[[現代詩人賞]]
*2009年 - 『光る朝』で第16回[[丸山薫賞]]
*2012年 - 『飛ぶ男』で第20回[[萩原朔太郎賞]]候補
*2016年 - 山新3P賞・平和賞受賞<ref>{{cite news |title=「県民の希望に」個人・団体を顕彰 山新3P賞表彰式|author= |agency=|publisher=山形新聞|date=2016-1-26|url=http://yamagata-np.jp/news/201601/26/kj_2016012600579.php|accessdate=2016-11-26}}</ref>。
 
==著書==
*『ゴミ屋の記 農民のみる消費と破壊』 たいまつ新書 1976年。
*『わが八月十五日 木村迪夫詩集』 たいまつ社 1978年。
*『喪牛記 木村迪夫詩集』 [[鳥影社]] 1982年。ISBN 4924701157
*『減反騒動記 むらに生きる』 樹心社 1985年。ISBN 4795224196
*『地郷 木村迪夫詩集』 鳥影社 1985年。ISBN 4886290213
*『まぎれ野の』 [[書肆山田]] 1990年。
*『収集車「人民服務号」 農民のみる消費と環境破壊』 [[社会思想社]] [[現代教養文庫]] 1993年。 ISBN 4390114581
*『木村迪夫詩集』 [[土曜美術社出版販売]] [[日本現代詩文庫]] 1995年。ISBN 4812005590
*『マギノ村・夢日記』 書肆山田 1995年。ISBN 4879953687
*『いろはにほへとちりぬるを』 書肆山田 2002年。ISBN 4879955531
*『百姓がまん記』 新宿書房 2002年。ISBN 4880082805
*『光る朝』 書肆山田 2008年。ISBN 487995750X
*『山形の村に赤い鳥が飛んできた 小川紳介プロダクションとの25年』 [[七つ森書館]] 2010年。ISBN 4822810097
*『飛ぶ男』 書肆山田 2012年。ISBN 4879958492
 
===編纂===
*『講座日本農民 5 農民と都市住民』編 たいまつ社 1978
 
==注==
<references />
 
[[Category:1935年生]]
[[Category:存命人物]]
{{Writer-stub}}