「島津綱久」の版間の差分

編集の要約なし
{{基礎情報 武士
'''島津 綱久'''(しまづ つなひさ、[[寛永]]9年[[4月1日 (旧暦)|4月1日]]([[1632年]][[5月19日]]) - [[延宝]]元年[[2月19日 (旧暦)|2月19日]]([[1673年]][[4月6日]]))は、[[薩摩藩]]の世嗣。
| 氏名 = 島津 綱久
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[江戸時代]]前期
| 生誕 = [[寛永]]9年[[4月1日 (旧暦)|4月1日]]([[1632年]][[5月19日]])
| 死没 = [[延宝]]元年[[2月19日 (旧暦)|2月19日]]([[1673年]][[4月6日]])
| 改名 = 虎寿丸(幼名)→久平(初名)→綱久
| 別名 = 又三郎(通称)
| 神号 = 廣足豊雲根命
| 戒名 = 泰清院殿観山良無大居士
| 墓所 = [[鹿児島県]][[鹿児島市]][[池之上町]]の[[福昌寺 (鹿児島市)|島津家墓地]]
| 官位 = [[従四位]]上、[[侍従]]、[[薩摩国司|薩摩守]]
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 主君 =
| 藩 = [[薩摩国|薩摩]][[薩摩藩|鹿児島藩]]
| 氏族 = [[奥州家 (島津氏)|島津氏]]
| 父母 = 父:[[島津光久]]、母:曹源院殿([[伊勢貞豊]]の娘)
| 兄弟 = 多数([[島津光久#家族]]の項参照)
| 妻 = 正室:'''眞修院殿'''([[松平定頼]]の娘)
| 子 = '''[[島津綱貴|綱貴]]'''、娘([[酒井忠隆]]正室)、六七、[[島津久季|久季]]、娘([[鳥居忠英]]正室)
| 特記事項 =
}}
'''島津 綱久'''(しまづ つなひさ)は、[[薩摩藩]]の世嗣。
 
正室は[[伊予国|伊予]][[伊予松山藩|松山藩]]第2代藩主・[[松平定頼]]の娘(眞修院殿)。[[側室]]は記録に残っていない。子に[[島津綱貴|綱貴]](長男、第3代藩主)、[[島津久季|久季]](三男、[[加治木家|加治木島津家]]へ養子)、娘([[酒井忠隆]]正室)、娘([[鳥居忠英]]正室)ら。幼名は虎寿丸、又三郎。初名は'''久平'''(ひさひら)
 
== 生涯 ==
寛永9年(1632年)4月、第2代藩主・[[島津光久]]の長男として生まれる。母は[[伊勢貞豊]]の娘(曹源院殿、[[薩摩藩]]家老・[[伊勢貞昌]]の孫)。[[慶安]]4年(1651([[1651]])、[[征夷大将軍|将軍]]・[[徳川家綱]]より、「松平」の名字と、「綱」の一字([[偏諱]])を賜って'''松平[[薩摩国司|薩摩守]]綱久'''と称する(村川浩平「島津氏への松平氏下賜」)。嫡男として光久の後継者と目されていたが、延宝元年(1673年)2月、父に先立って42歳で早世した。代わって長男の綱貴が[[家督]]を継いだ。法名は泰清院殿観山良無大居士。<!-- 小説などでは幕府隠密に毒殺されたとされることもあるが、真偽は不明である。 -->
 
== 人物、逸話 ==
*[[剣術]][[示現流]]宗家師範家の[[東郷氏 (薩摩国)|東郷氏]]と関係があり、[[東郷重利]]に子の[[東郷実満|実満]]が誕生した時には祝福し、実満を見たがっていたが、叶うことなく綱久は死去したという(示現流聞書喫緊録付録系図)。
 
{{Japanese-history-stub}}
2,144

回編集