「ザラブ星人」の版間の差分

(成田亨作品集より加筆。)
* 身長:1.8 - 50メートル
* 体重:90キログラム - 3万7千トン
かつてウルトラマンに倒されたザラブ星人の同族。GUYSのドキュメント[[ウルトラマン#科学特捜隊|SSSP]]にデータが記録されている。外見は筋肉質になっている以外は初代とほぼ同様。武器は手の先から発射する破壊光線や攻撃を無力化するバリヤー。初代が使用していた小型電子頭脳は使わず、地球人と直接会話できるようになっている。
 
変身能力によってジングウジ・アヤを捕らえて彼女に化け、ウルトラマンメビウスである=ヒビノ・ミライに痺れ薬入りのコーヒーを飲ませて動けなくすると、'''[[#ニセウルトラマンメビウス|ニセウルトラマンメビウス]]'''の姿に変身して街を破壊し、わざとメビウスをおびき寄せて挑発しながら戦いを挑む。正体を暴かれた後はメビウスと格闘戦を繰り広げ、バリヤーで攻撃を防いでエネルギーを消耗させるが、光線の押し合いの末に最後はメビュームシュートを食らっ受けて倒される。しかし、すべては[[ガッツ星人#『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』に登場するガッツ星人|ガッツ星人]]がメビウスを捕らえるために仕組んだだった。
 
* 声は『ウルトラマン』第18話と同じく、[[青野武]]が演じている。青野の起用は、脚本を担当した[[長谷川圭一]]の要望によるものである<ref name = "メビウス兄弟58">{{Harvnb|メビウス&兄弟超全集|2006|p=58|loc=「[[小中和哉]](監督)×[[長谷川圭一]](脚本)ウルトラ対談」}}</ref>。
* 身長:49メートル<ref name = "宇宙船YB07">{{Cite book|和書 |date = 2007-04-20 |title = [[宇宙船 (雑誌)|宇宙船]]YEAR BOOK 2007 |series = ソノラマMOOK |publisher = [[朝日ソノラマ]] |page=31 |isbn = 978-4-257-13096-3 }}</ref>{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=342}}
* 体重:3万7千トン<ref name = "宇宙船YB07" />{{Sfn|円谷プロ全怪獣図鑑|2013|p=342}}
ザラブ星人が変身した偽物のメビウス。にせウルトラマンと同じく目付きが悪く、足先が尖っているほか、全身および頭部の赤いラインに沿って黒いラインが引かれているが、にせウルトラマンと異なりメビュームスラッシュも放てる。この姿で街を破壊し、本物のメビウスをおびき寄せて交戦した末にメビュームスラッシュを受け、正体を現した
* デザインは[[丸山浩 (デザイナー)|丸山浩]]<ref name = "宇宙船YB07" /><ref name = "メビウス兄弟63" /><ref name = "メビウスAD57">{{Harvnb|アーカイブ・ドキュメント|2007|p=57}}</ref>。脚本を担当した長谷川圭一の要望により<ref name = "メビウス兄弟58" />、本物との差異はにせウルトラマンをオマージュしている<ref name = "メビウス兄弟63" />。両目にはザラブ星人と同じ意匠が入っている<ref name = "メビウスAD57" />。
 
匿名利用者