「タイガーストライプ (ベトナム戦争)」の版間の差分

編集の要約なし
 
==ベトナム戦争期の主なタイガーストライプ柄(パターン)のバリエーション==
APA/KPA調達のタイガーストライプ被服の迷彩柄については、リチャード・D・ジョンソンにより基本柄が4つにカテゴライズされ、そのカテゴリーの中でさらにスパース(希薄)、デンス(濃厚)といった分類がされている。<ref>http://parkashell.exblog.jp/23253734/ M-51parkaに関する2,3の事柄「タイガーストライプの迷宮(その18)デンスとかスパースとか」 </ref>それに関する基本書籍「タイガーパターンズ」も大手出版社から出版されコレクターの間などでの一応のデファクトスタンダードとされる。ただし、アメリカにおいてその分類法に対しては一定の疑義が提出されている。
 
APA/KPA調達柄に関してのジョンソン分類を例示すると、1)ジョンウエインタイプJohn Wayne(スパース/デンス)、2)軍事顧問タイプADvisor's(スパース/デンス)、3)おたまじゃくしタイプTaDpole(スパース/デンス)、4)戦争後期タイプLatewar(スパース/デンス、ほか生地厚で分類)
194

回編集