「不飽和結合」の版間の差分

m
Bot: [​[Σ結合|σ結合]​] → [​[σ結合]​], [​[Π結合|π結合]​] → [​[π結合]​], [​[Δ結合|δ結合]​] → [​[δ結合]​] ,Replaced piped link to regular link ∵Check Wikipedia #64
編集の要約なし
m (Bot: [​[Σ結合|σ結合]​] → [​[σ結合]​], [​[Π結合|π結合]​] → [​[π結合]​], [​[Δ結合|δ結合]​] → [​[δ結合]​] ,Replaced piped link to regular link ∵Check Wikipedia #64)
 
'''不飽和結合'''(ふほうわけつごう、unsaturated bond)とは、隣接する原子間で2価以上で結合している[[化学結合]]であり、ほとんどの場合は1つの[[Σ結合|σ結合]]と1つないしは2つの[[Π結合|π結合]]から形成されている。不飽和結合を持つ化合物を'''不飽和(化合物)'''と呼ぶ、ただし、[[錯体]]においては18電子則を満たさないものを不飽和(化合物)であると言う。
 
通常の有機化合物においては、[[二重結合]]あるいは[[三重結合]]を有することであり、炭素原子間に不飽和結合を持つものとしては、[[アルケン]]、[[アルキン]]、[[芳香族化合物]]などがある。また、不飽和結合は炭素原子間である必要はなく、[[ケトン]]、[[アルデヒド]]、[[イミン]]も不飽和化合物である。
 
遷移金属化合物の場合、[[Δ結合|δ結合]] の関与により四重結合以上の結合次数を示すものも知られる。項目: [[四重結合]]、[[五重結合]]、[[六重結合]] を参照。
 
== 種類 ==
125,305

回編集