「シロカブト」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
<!--|status = LC-->
}}
'''シロカブト'''(白兜)は、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族・[[ヘラクレスオオカブト属]]に分類される昆虫の一種の内で、体色が白や黄色などをしている種類の総称である
 
==分布==
[[北アメリカ]]南部から、[[中央アメリカ]]一帯に生息し、新大陸を代表するカブトムシ類となっていである。
 
しかし、同属の[[ヘラクレスオオカブト]]よりも遙かに小さく、多くの種類は日本の[[カブトムシ]]よりも小型であり、代表種のグラントシロカブト体長は最大でも70mm程で、日本のカブトムシの大型個体には及ばない。
 
この系統で最大のヒルスシロカブトでも、最大でも90mmほどで、ヘラクレスや[[ゾウカブト属|ゾウカブト]]といった、他の南米産の巨大種と比べてもると小さい。
 
角がやや短いために、闘争面でもヘラクレスオオカブトなどに比べて、あまり激しくはないといわれる。
 
==生態==
日本のカブトムシと同じく、幼虫は[[腐植土]]や[[朽ち木]]の下に生息し、そこの腐食物や朽ち木を食べて成長する。
 
成虫は夜行性で、場合によっては昼間も活動する。樹液や熟れた果実に集まり、または木の幹を傷つけてそこからにじみ出てくる[[樹液]]を吸う。
 
野外に出てからの成虫の寿命は比較的短く、数ヶ月ほどであるとされる。
;グラントシロカブト ''Dynastes granti''
:[[Image:Dynastes.granti.mounted.jpg|right|thumb|100px|グラントシロカブト]]
:[[アリゾナ州]]などの[[砂漠]]地帯に生息する。'''グラントオオカブト'''とも呼ばれる。カブトムシ類には珍しく、全身が白である。現地での採集は禁止されている。名はかつては[[アメリカ合衆国]]第18代[[大統領]]でもある[[南北戦争]]の北軍最高司令官[[ユリシーズ・S・グラント]]に由来するという説が有力だったが、最近では[[アリゾナ州]](Fort Grant)に由来するという説がもっとも有力である。
:北米産のカブトムシの中では最大種。
;ヒルスシロカブト ''Dynastes hyllus''
:[[Image:Dynastes.hyllus.jpg|right|thumb|100px|ヒルスシロカブト]]
:[[中央アメリカ]][[ホンジュラス]]に分布する。シロカブト亜属最大。'''ヒルスオオカブト'''とも呼ばれる。白に濃い黄色の混じった色合いをしており、時に黄金と形容される。[[サンタ・マルタ山脈]]にssp. ''moroni'' (後述のモロンシロカブト)がいる。これはMiguel Ángel Moron-Ríosに献名されたもの。
;ティティウスシロカブト ''Dynastes tityus'' [[w:Unicorn beetle|Unicorn beetle]]
:[[Image:Dynastes tityus.JPG|250px|thumb|ティティウスシロカブトのメス]]