「都乃河勇人」の版間の差分

key退社
(key退社)
'''都乃河 勇人'''(とのかわ ゆうと)は、[[日本]]の[[ゲームシナリオライター]]、[[作詞家]]、[[ライトノベル]]作家。[[ビジュアルアーツ]]傘下のゲームブランド[[Key]]に所属する。していた<ref>{{Cite web
| title = Key新作『Summer Pockets』発表!ヒロイン公開&制作陣に独占インタビュー!
 
| publisher = 電撃G’sマガジン
| url = http://gs.dengeki.com/news/89671/
| accessdate =2016-12-9 }}</ref>。
== 概要 ==
[[2007年]]1月に発売された『[[智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜|智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜 CS Edition]]』で、Keyの新人シナリオライターとしてデビュー。移植による追加シナリオの一部を担当した。同年[[7月]]に発売された『[[リトルバスターズ!]]』より、本格的にシナリオ制作に参加。同作では、日常イベントのほとんどと小毬ルート、来ヶ谷ルートを担当した他、エンディングテーマの一つである「Alicemagic」の作詞を手掛けた(同曲は、同作の[[アダルトゲーム|18禁]]版である『[[リトルバスターズ!|リトルバスターズ! エクスタシー]]』でも別アレンジ版が用いられている)。同作での活躍を見た企画担当の[[麻枝准]]からは「あとはいかに手を抜いたギャグをなくしていくか」「(執筆のたびに段々評価が上がっているという都乃河の話を受けて)つぎは絶対すごい。業界のトップライターに躍り出る<ref name="exampleVFB">{{Cite book|和書
|author=Key
|editor=電撃G's magazine編集部
 
== 作風 ==
「自分で人気のあるキャラクターを生み出すより、人気のあるキャラクターを動かしたほうがやりやすい」、「(キャラ作りが)一番の課題」「短編・中編なら得意だが、長編だとダレてしまう<ref name="exampleVFB"/>」と本人が述べている。
 
{{独自研究範囲|date=2014年12月9日|強調文の末尾には二重[[感嘆符]]「!!」を使用することが多く、強調文の末尾に[[促音]]「っ」を使うことが多い麻枝と異なっている}}。