「東京都市計画道路幹線街路環状第4号線」の版間の差分

導入部の一部を概要に転記のうえ、加筆
(導入部の一部を概要に転記のうえ、加筆)
'''東京都市計画道路幹線街路環状第4号線'''(とうきょうとしけいかくどうろかんせんがいろかんじょうだい4ごうせん)は、[[東京都]][[港区_(東京都)|港区]]から東京都[[江東区]]に至る環状の[[都市計画道路]]である。計画延長は約29kmで、そのうち約半分の約15kmしか完成しておらず、未だ現道がない区間も多い。環状4号線の名はあまり知られておらず、一般には[[外苑西通り]]や[[不忍通り]]などの東京都の道路通称道路名が知られている{{sfn|ロム・インターナショナル(編)|2005|p=32}}
 
== 概要 ==
東京では[[1923年]]([[大正]]12年)の[[関東大震災]]後の復興のため、[[1927年]]([[昭和]]2年)に[[東京駅]]を中心に半径約10[[マイル]](16[[キロメートル]])の範囲に、1号から8号までの環状道路と放射状の道路を配置する道路整備計画がたてられ、環状第1号線から環状第6号線までの6本の道路は、既存の道路を利用して環状につなげるために必要な部分だけ道路を新設する内容とされた{{sfn|ロム・インターナショナル(編)|2005|p=30}}。この計画に基づき始められた環状5号線の整備中に[[太平洋戦争]]がはじまり、戦時下となると戦争が最優先事項となったため環状4号線の道路整備計画は棚上げ状態となった{{sfn|ロム・インターナショナル(編)|2005|p=31}}。敗戦後は道路整備が区画整備と一体的となって再開されるものの、整備するために必要な予算が不足していたなどが原因で部分的にしか整備が行われなかったため、環状4号線は環状どころか半円にもならず、道路全体の構成は環状通りとは言い難い状況となっている{{sfn|ロム・インターナショナル(編)|2005|p=31}}。
 
富久町西交差点から西早稲田交差点にかけて、右左折の多い計画ルートになっているが、当初はこの区間は国立国際医療センター付近を通る直線状道路の計画であった。しかし、その後、都市計画変更がなされ、現在のようにいびつなルートになったものである。
 
== 概要 ==
* 起点:港区高輪三丁目(第一京浜[[国道15号]])
* 終点:江東区新砂三丁目([[永代通り]])
* 戦前の都市計画では、丸八通りは'''幹線環状道路第六号其の二'''(其の一は現在の[[東京都道317号環状六号線|東京都市計画道路幹線街路環状6号線]](山手通り))の一部であった。
* 2014年7月に東京都都市整備局が発表した「(仮称)品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014(案)」によれば、芝浦港南方面に環状第4号線を延伸する案がある <ref>http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2014/07/22o7h100.htm</ref>。
 
== 関連項目 ==
* [[東京都の都道一覧]]
 
== 脚注 ==
<references/>
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book |和書 |author=ロム・インターナショナル(編) |date=2005-02-01 |title=道路地図 びっくり!博学知識 |publisher=[[河出書房新社]] |series=KAWADE夢文庫|pages=30-32 |isbn=4-309-49566-4|ref=harv}}
 
== 関連項目 ==
* [[東京都の都道一覧]]
 
== 外部リンク ==